創造性を育む遊び場
YCAMの「コロガルガーデン」

山口県山口市にあるアートセンター、山口情報芸術センター・通称「YCAM(ワイカム)」にて、6月18日(土)〜9月4日(日)の期間、子どもたちが創造するメディア公園「コロガルガーデン」が登場します。

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

“遊びの種”を散りばめたメディア公園

コロガルガーデンとは、YCAMが2012年から毎年手掛けている、遊び場にさまざまななメディア・テクノロジーを埋め込んだ「コロガル公園シリーズ」の最新版。

飛んで跳ねて駆け巡り、繋がり鳴らして光らせる、自由な遊び方が可能なメディア公園です。

2012年にYCAMで発表した「コロガル公園」の様子  画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

2012年にYCAMで発表した「コロガル公園」の様子 画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

アートセンターならではの発想を元に、不安定な床やスロープといった物理的環境と、サウンド・システムやカメラ、ネットワークといった情報環境を融合させ、そこで遊ぶ子ども自身が自由に遊び方を創造できるよう、“遊びの種”が散りばめられています。

トライアンドエラーを繰り返しながら、自ら遊び場の利用法を考え実践していくということは、現代社会におけるコミュニティの創造・運営のトレーニングにもつながります。

コロガル公園シリーズの創造力を育む環境としてのデザインは、これまでにグッドデザイン賞やキッズデザイン賞を受賞するなど、高い評価を受けています。

大人も子どもも

今回発表するコロガルガーデンは、2015年に東京・伊勢丹新宿店にて発表し大好評を得た「コロガルガーデン for LIL KIDS」を大幅にアップデートし、さまざまな機能を追加したYCAMバージョンです。

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

設計を手掛けたのは、2013年にYCAMが発表した「コロガルパビリオン」を担当した建築ユニット「assistant」。

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

大小異なるサイズのブロック群を配置したスタジオB、緩やかな流線形を描く巨大な滑り台が出現するホワイエ、という性格の異なる2つの空間は、未就学児からご年配の方まで、幅広い年齢層が楽しめるようにデザインされています。

成長する遊び場

コロガル公園シリーズを通して開催する人気イベント「子どもあそびばミーティング」も期間中2回開催。

小中学生の子どもたちが中心となり、YCAMスタッフとともにコロガルガーデンに追加したい機能を議論し、採用されたアイデアは、後日新しい機能として会場に追加されます。こちらは事前申し込みが必要なので、気になる方はYCAMのサイトにて詳細をご確認ください。

「もっとこうしたい」、「こうだったらいいな」という利用者のアイデアにより成長していくコロガルガーデン。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。