九州のクリエイターの“今”を感じる合同展示会「thought -4th Exhibition & Market-」

衣・食・住のあらゆる分野で、九州を拠点に活動するブランドやクリエイターが集まり開催される、合同展示会「thought Exhibition & Market」が、3月17日(木)〜19日(土)の3日間、長崎県の波佐見町にある旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂にて開催されます。

キーワードは“move・touch・devote”

今回で4回目を迎えるthoughtは、これまで九州のブランドやメーカーが集まった大規模な合同展がなかったため、新たな場をつくるべくはじまりました。

イベント名となっているthoughtとは、「考えること」の意味。

“move・touch・devote”をキーワードに、来てくれた方が何かを考えるきっかけの場になればという意味が込められています。

引用元:thought 公式Facebookページ

引用元:thought 公式Facebookページ

開催を重ねる度にパワーアップし、今回は全部で78のメーカーやプランドが出展予定。

引用元:thought 公式サイト

引用元:thought 公式サイト

アパレル、ファッション雑貨、靴、食器、インテリア雑貨、塗料・壁紙や生活雑貨など幅広いジャンルのプロダクトが一度に楽しるイベントとなっています。

九州の“今”を感じる

ここでしか感じることのできない、九州のクリエイターの“今”が詰まったthought。

引用元:thought 公式サイト

引用元:thought 公式サイト

決して交通の便が良いとはいえない場所で毎回開催されていますが、“わざわざ行く”という行動を通して“どうやって行くか”というところから楽しみが生まれ、“行くからには何かを得て帰ろう”という気持ちや、この機会を利用して“行ったことのない土地を楽しむ”というようなさまざまなことに繋がるのかもしれませんね。

はじめの2日間はバイヤー・関係者の方向けの展示となっていますが、最終日はどなたでも来場が可能なマーケットが開催されます。

引用元:thought 公式サイト

引用元:thought 公式サイト

作り手の方に商品に込めた思いやこだわりなどの話を聞ける貴重な機会ですので、ぜひ長崎まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。