お盆は大人の夏休み!九州・中国地方の展示・イベントまとめ

いよいよお盆。お盆は普段お仕事をされている方も、お休みになる方が多い時期ですね。

コチラの記事では、この夏に楽しめる福岡周辺の展示・イベントをご紹介しましたが、今回はいつもよりちょっと足を伸ばして行ける地域でのイベント・展示情報をまとめました。

生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展

引用元:広島県立美術館 公式サイト

引用元:広島県立美術館 公式サイト

日程:7/18(土)-9/6(日)
場所:広島県/広島県立美術館
内容:「ドラえもん」や「パーマン」などでおなじみの、日本の国民的漫画家 藤子・F・不二雄。彼が生み出すSF(すこしふしぎ)な世界を、原画や映像など様々な角度から楽しめます。アトラクション感覚の、室内型4Dプロジェクションマッピングの体感映像シアターや、少年時代、藤子不二雄Ⓐとともに全て手書きで制作したという、藤子マンガのルーツともいえる貴重な自作マンガ冊子「少太陽」の公開もあります。

 

シャレオ☆アニメーションアートBOX

引用元:広島市 公式サイト

引用元:広島市 公式サイト

日程:8/23(日)
場所:広島県/紙屋町シャレオ中央広場
内容:アニメーションとアートがコラボした、ユニークなイベント。「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」などを送り出した制作会社 白組による、10月10日公開の映画「GAMBA ガンバと仲間たち」のクレイアニメーションワークショップや、最新の映像技術VFXを体験するコーナー、ゾンビダンスステージなどが楽しめます。

 

ライフ=ワーク

引用元:広島市現代美術館 公式サイト

引用元:広島市現代美術館 公式サイト

日程:7/18(土)-9/27(日)
場所:広島県/広島市現代美術館
内容:被曝70周年を迎える今年、「ヒロシマを見つめる三部作」と題し、広島の過去を振り返り、「今」そして「これから」を考える展覧会の第1部。広島の被爆者達が自身の体験をもとに描いた「原爆の絵」をはじまりに、“生きること”と“つくること”が強く結びついた、13作家の表現をあわせて紹介しています。

 

アートの秘密基地展

引用元:浜田市世界こども美術館 公式サイト

引用元:浜田市世界こども美術館 公式サイト

日程:7/18(土)-9/27(日)
場所:島根県/浜田市世界こども美術館創作活動館
内容:「秘密基地」をテーマに表現された、現代美術作品が揃う体験型展示。メディアアートの中で展開されるかくれんぼ的な作品、パーツをつなぎ秘密基地空間をつくり上げる作品など、ユニークな作品たちを通して、「つくる」「発見する」「楽しむ」を体感できる展示となっています。

 

ボンジュール!フランスの絵本たち

引用元:下関市立美術館 公式サイト

引用元:下関市立美術館 公式サイト

日程:7/9(木)-8/30(日)
場所:山口県/下関市立美術館
内容:世界中で親しまれているフランスの絵本。その代表作ともいえる「ぞうのババール」や、カストール文庫の遊びながら学べる絵本シリーズなどの原画、デッサン、冊子の展示を通して、発展期の絵本と遊ぶ絵本の系譜をたどりながら、フランスの絵本の魅力を解き明かしていく展示です。

 

九州・中国地方の展示・イベントまとめ<後半>

ページ: 1 2