こだわりのお買い物体験を提供するPLASE.STOREの“不便”な通販

以前SWINGSでもご紹介した、福岡の大楠と鳥飼に店舗を構える、文房具専門店「PLASE.STORE」。

2016年の7月より、一風変わった通信販売「PLASE.ONLINE」がスタートしました。

PLASE.ONLINEとは

一般的に通販というと、“直接店舗に行かなくても買い物が楽しめる”という便利なイメージがありますが、この度PLASE.STOREが始めたのは決して便利とは言えない通販。

ショッピングカートがあり支払いカードが登録できるECサイトではなく、InstagramのPLASE.ONLINEアカウントにアップされている商品の中から、欲しい商品を電話で注文するという一風変わったスタイルです。

margin780

店主が自信を持っておすすめする“間違いのないもの”だけがセレクトされ、毎日1アイテムずつ、1ヶ月で30アイテムがアップされています。月が変わると内容はすべてリフレッシュされ、また新たに毎日1アイテムずつアップされていきます。

注文の受付は1日10件のみ、支払い方法は銀行振込のみと、言葉を選ばずに言えばかなり“不便”な印象がありますが、そのスタイルを貫く理由とは何でしょうか。

人と人のつながりを大切に

ink2_780

通販をスタートして約2ヶ月。PLASE.STORE店主の髙山さんがこの通販で大切にされていることについて、お話を伺いました。

「実際に見て、触れて、体験して、商品そのものの良さをしっかりと確認して購入して欲しいというのが理想なので、これまで頑なに通販を拒否し続けてきました。

お客様からの『通販をやって欲しい』という声にお応えする為に半ばイヤイヤ始めたのですが、やってみるとお客様とのやり取りや、ご注文頂いた方にお手紙を書くという行為が楽しくて仕方ないです。

メールの文面と電話での会話では全然印象の違う方がいたり、『オンラインのコンセプトを見てファンになって来ました』という方も居てくださって、すごく嬉しいです。メールのやり取りを何度もせずとも、電話1本ですべて事が済むので『実際こっちの方が面倒じゃないね』と言って頂く方も多いです。」

fieldnotes780

「このやり方が、心底お客さまに親切で寄り添っているかと言ったらそうではないと思います。『普通じゃない』のも分かってますし、一般的に便利と認識されるかと言ったらそうでないことも理解しています。

でも無理を言うのも人間、無理を聞くのも人間です。上手く交われない時もありますが(人間だもの)、このオンラインと呼べるか分からない通販を通して『人間話せば分かる』ということを改めて感じながら、いつかの来店のきっかけのひとつになればと思い通販をしています。

そんなに融通は効きませんが、僕ららしく通販をやっています。ぜひお気軽にお電話頂けたらと思います。」

あえて“便利”を手放してみる

passcase2_780

直接会わなくてもSNSを通して友人の近況を知ることができ、連絡したいと思ったらすぐにメールを送り、Webサイトで購入ボタンを押せば欲しい商品が自宅に届く…気づくと私たちの身の回りは“便利”で溢れています。

その反面、直接顔をつきあわせてのたわいもない会話や、手紙の到着を楽しみに待つワクワク感など、昔は当たり前にあったさまざまな感情を楽しむ機会を、“便利さ”と引き換えに手放してしまっているのも事実。

port780

PLASE.ONLINEは通販という手段を用いることで、物理的にお店に足を運ぶことが難しい遠方の方とも繋がるきっかけが生まれ、一見面倒くさいステップを踏み購入することで、それはそのまま購入した商品への愛着にもつながります。

一見特殊な通販ではありますが、商品そのものへはもちろん、お店を訪れるお客様への愛情の強いPLASE.STOREならではの、“らしさ”溢れるスタイルでした。

魅力的な商品ばかりなので、遠方の方はぜひ一度PLASE.ONLINEを利用されてみてはいかがでしょうか。