「Phree」が世界をあなたの紙にする

メモしたいのに紙がなくて、手の甲や机に走り書きした経験、ありませんか?

そんな時にも大活躍しそうな、あなたのアイディアを逃さない、こんなペン型デバイスがあります。

いつでも、どこでもこれ1本

OTM Technologysが開発した、手に馴染むこの「Phree(フリー)」は、紙のいらない携帯入力デバイス。

紙や紙を置く場所を探す必要もなく、Phreeだけがあれば、いつでもどこでも、アイディアを書き留めることができます。

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト

テーブル、手のひら、壁、バナナなど、何かの表面に書いた内容は、Bluetoothを通じてスマホやPCに送信されます。

引用元:Phree 公式YouTube

引用元:Phree 公式YouTube

スケッチをしたりアイデイアを書き留めるだけでなく、冷蔵庫内を見ながら買い出しリストをつくる際など、様々な場面で活躍してくれそうです。
 

こだわりの形

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト


人は幼い頃からペンに親しみ、鉛筆やメスといった手指で道具を使う際、驚くべき器用さとコントロール力を持っています。

そのため、ユーザーにとって使いやすいペン型の形状にこだわり、このデザインとなりました。

引用元:OTM Technology 公式サイト

引用元:OTM Technology 公式サイト

これは先端部に埋め込まれたレーザーを使って、手の動きをトラッキングする仕組み。

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト

引用元:Phree KICK STARTER公式サイト

メモをとるだけでなく、スマホの子機として電話をしたりメッセージの送受信も可能。スマホの画面に落書きもできます。

別売りですが、持ち運びの際に便利な、充電もできる機能的なケースもあります。

引用元:Phree 公式 YouTube

引用元:Phree 公式 YouTube

NY、ロンドン、サンフランシスコなどでプロトタイプを試した方からは、「自分の手のように感じる」「Phreeはスマホの自然な拡張の形」と絶賛されているほど便利なこのアイテムは、クラウドファンディングサイトKICK STARTERにて資金調達を完了し、現在は2016年6月の発送に向けてプレオーダー受付中。

Phreeが普及すれば、どんどん世の中のペーパーレス化が進みそうですね。