九州産業大学と地元の新たな魅力を発見「九産大プロデュース展2017」

九州産業大学の学生と、40以上の企業・行政がコラボレーションした100点以上の作品が並ぶ「九産大プロデュース展」が、2月23日(木)〜3月5日(日)に天神イムズB2Fイムズプラザで開催されています。

九産大プロデュース展

今年で5回目を迎える「九産大プロデュース展」は、九州産業大学の芸術学部工学部情報科学部経営学部の学生たちが、地元企業や自治体、研究機関等とのコラボレーションにより生み出した作品を紹介する展示会です。

mtn780のコピー

九州産業大学の活動内容や取り組み、地元の企業や伝統工芸などを多くの方に知ってもらうことを目的・目標に、地元企業の技術と学生の自由な発想や創造性のコラボレーションにより1年を通して作品の制作に取り組んでいます。

実際に私は昨年出展者として参加した九産大プロデュース展で、「こんなこともしてるの?」「大学のうちから企業さんと一緒にしてるんだ」などの、驚きや発見の声を頂きました。

ショッピングに来られた方々にも気軽に足を運んで頂け、さまざまな意見を頂くことで、私たち学生はたくさんの刺激を受けることができます。

プロジェクト

九産大プロデュース展には、第1回から展示をしている、職人の技術と学生の発想を取り入れた「大川家具プロジェクト」や、伝統工芸に学生の視点から新たな価値を加えた「HAKATA DOLLS(博多人形)」、2016始動したばかりの「Pomodoro e…(久留米織)」のほか、介護・福祉ロボット「HRRC」、地域復興をテーマにしたプロジェクトなど幅広い分野のプロジェクトが参加してます。

引用元:天神イムズ 公式サイト

引用元:天神イムズ 公式サイト

幅広い分野の企業と取り組むことで、知識や技術、社会との関わりなど、あらゆる視点からたくさんの学びを経験することができます。

ちびっこプロジェクトワークショップ

B2Fワークショップスペースでは、2月26日(日)、3月5日(日)に2日間、先着50名の小学生や親子を対象に、久留米絣を使ったタッセルストラップづくりのワークショップが無料で行われます。

akm780

宗像赤間宿の史跡をモチーフにしたスタンプを用いた、オリジナルトートバックづくりのワークショップは常時開催。無くなり次第終了とのことなので、早めに足を運ばれてみてくださいね。

そのほか天神イムズB1Fにある「KSUショップ」では、九産大プロデュース展の作品を商品化した博多人形や、久留米織、ガラスコモノ、ハカタコモノなどが販売されます。こちらも在庫に限りがありますので気になる方はお早めに。

魅力を発見

九産大プロデュース展は、学生にとってはドキドキするお披露目の場になり、足を運んでくれるお客さんにはワクワクする場になります。

okw780

昨年と今年の2年連続で九産大プロデュース展に参加した私も、新たなプロジェクトや、この1年間の活動の集大成をとても楽しみにしてきました。より多くの方に九州産業大学の活動を知ってもらい、地元の新たな魅力を発見してほしいと思います。