幻想的な「博多ライトアップウォーク2015」で博多の歴史と文化にひたる

「博多ライトアップウォーク2015 博多千年煌夜」が、11月19日(木)から23日(月・祝)までの5日間開催されます。

日本夜景遺産に認定

博多ライトアップウォークは、博多のまちに佇む由緒ある寺社の建物や庭園を美しくライトアップし、博多の文化や歴史をいつもと違ったかたちで体感できるイベントです。

昨年は12万人を超える来訪者を迎えた本イベントは、今年の7月には日本夜景遺産にも認定されました。

櫛田神社円覚寺をはじめ、博多にある8つの寺社で繰り広げられるその幻想的な光景は、昼の印象とは全く違った表情を楽しめます。

荘厳で美しい承天寺

照明デザイナー松下 美紀さん総合監修のもと、それぞれの寺社の魅力を存分に引き出す演出がなされています。

なかでも見どころは東長寺承天寺

touchouji780

弘法大師創建としては日本最古の寺院である東長寺。本堂の壮大さと五重塔の華やかさという個性を活かし、存在感のある2つの建造物の競演を表現しています。墓所では、光の色彩をコントロールする体験もできます。

jotenji_sekitei

博多祇園山笠の祖である聖一国師により建立された承天寺の洗濤庭は、波が波を洗い、水面に塵ひとつないという、仏の悟りを表現したと言われています。ライトアップされることで美しい波模様がより引き立ち、息を呑む光景が広がります。

10周年記念特別イベント

今年10回目となる本イベントでは、10周年を記念したいくつもの特別イベントが用意されています。

hukuokadaibutsu

普段は一般公開されていない承天寺方丈の特別公開(土日祝のみ)や、日本最大級の木造座像「福岡大仏」の夜間特別公開で、福岡大仏もライトアップ。

engakuji

承天寺が発祥とされるうどんとそばの振る舞いイベントや、円覚寺書院にて円覚寺南方茶会といった、観るだけでなく食べて楽しむイベントも開催されます。

歴史と荘厳さを感じるライトアップ

何百年も前から博多に存在している寺社たちが光りに包まれ彩られる光景は、とても幻想的。歴史や荘厳さがより引き立つライトアップを通して、これまでにない魅力に気づけるかもしれません。

秋の宵、光りに包まれた博多の歴史にひたり、素敵な夜を過ごされてみてはいかがでしょうか。