肥前を遊びつくす!県や町を超えたお祭り「ぐるぐるひぜん2016」

9月も気づけばもう後半。みなさま、シルバーウィークの予定はもうお決まりでしょうか。

アート・音楽・食べもの・お酒・温泉といった、さまざまな魅力を持つ“肥前”を味わい尽くすイベント「ぐるぐるひぜん 2016」が、9月22日(木)〜9月25日(日)の4日間に渡り開催されます。

歴史と魅力あふれる「肥前」

肥前(ひぜん)とは、現在の佐賀県と、壱岐・対馬を除いた長崎県を指す、奈良時代から明治初期まで使用されていた旧国名です。

長崎県の波佐見町、佐賀県の有田町、武雄市、嬉野市の4市町は、往来の盛んだった長崎街道沿いの宿場町として、また、400年続く陶磁器の一大産地として栄えてきました。

歴史的な深いつながりと魅力的な観光資源を持ちながらも、4市町間はこれまで情報や交通の充分な行き来がなく、旅行者にも不便な環境をつくりだしていました。

そんな物理的なつながりがあまりなかった4市町をつなぎ、「肥前」という広域の観光地として盛り上げていこうという「肥前をつなぐプロジェクト」が最近はじまりました。

肥前をつなぐプロジェクト

引用元:マルヒロ 公式サイト

引用元:マルヒロ 公式サイト

肥前をつなぐプロジェクトは、波佐見焼の陶磁器ブランド「HASAMI」を手掛けるマルヒロの馬場 匡平さんが発起人となり、それに賛同する形で、民間・行政問わず各市町の若手が有志で集まりイベントを企画。

同プロジェクトのキックオフイベントとして行われるのが、4市町それぞれに開催するイベントを周遊バスでつなぐ「ぐるぐるひぜん 2016」です。

「ぐるぐるひぜん 2016」では、30もの大小様々なイベントが4市町で開催されますが、今回はその中からピックアップしたものをご紹介します。

ハッピータウン波佐見祭り

引用元:ハッピータウン波佐見祭り

引用元:ハッピータウン波佐見祭り

9月22日(木)〜9月25日(日)に、旧波佐見町立中央小学校講堂兼公会堂にて開催される「ハッピータウン波佐見祭り」は、“九州・産業・遊び・学び”がキーワードの地域おこしイベント。

以前ご紹介したthoughtのマーケットや、九州のアウトドア防災術ワークショップ、お仕事体験ワークショップなど楽しみながら遊べるコンテンツが盛りだくさんです。

働くことの楽しさや産業についてを伝え、地域産業を次世代へつないでいきます。

嬉野温泉 秋夜の桃源郷

ureshino780

嬉野温泉 秋夜の桃源郷」と題し、9月23日(金)〜9月25日(日)に嬉野温泉各地で開催されるのは、1300年を超える歴史を持つ嬉野温泉の“今”と“昔”を楽しめる大人向けイベント。

2014年閉館の「嬉野観光秘宝館」最後の日に開催されたライブイベントのドキュメンタリーフィルム上映会、ゲストダンサーに芸妓を迎えた歌謡曲DJナイト、芸妓による踊りやお座敷遊びの実演など、嬉野温泉の伝統文化を楽しめます。

最終日には、今や全国に広がった嬉野温泉の有名恒例イベント「スリッパ温泉卓球大会」(!)も開催されるそうです。

武雄のあかり展

引用元:武雄市観光協会 公式サイト

引用元:武雄市観光協会 公式サイト

昨年大好評のうちに幕を閉じた、武雄市内の名所をあかりで彩る「武雄のあかり展」が今年も開催中。

中でも、ウルトラテクノロジスト集団 チームラボが手掛ける御船山楽園をはじめとする大自然のライトアップや水面プロジェクションマッピングは、鮮やかに暗闇を彩り、見る人を幻想的な世界へいざないます。

「ぐるぐるひぜん 2016」期間中は、9月22日(木)、24日(土)、25日(日)に開催されます。

その他にも、武雄市の地域創生プロジェクト「TAKEO MABOROSHI TERMINAL PROJECT」と、人気の野外フェス「taicoclub」がコラボした「MABOROSHI FES BY taicoclub」が9月25日(日)に佐賀県立宇宙科学館横の「もよおし広場」で開催されるなど、面白いイベントが盛りだくさんです。

“B面”のつまったガイドブック

引用元:東京ピストル 公式サイト

引用元:東京ピストル 公式サイト

今回のイベントに合わせ、4市町をさらに楽しむための公式ガイドブックも発売中。

引用元:東京ピストル 公式サイト

引用元:東京ピストル 公式サイト

有田と言えば有田焼、波佐見は波佐見焼…というような既に固定されてしまったイメージがA面だとすると、この本にはまだあまり知られていない各市町の“B面”の魅力が詰まっています。

イベント期間中周遊バスが乗り放題になるフリーパスがついているので、イベントをより楽しむためには必携です。全国の取り扱い店舗や、福岡ではmanu coffeeでも購入ができるほか、イベント期間中4市町に設置される臨時バス停留所でも購入ができます。

4市町がただつながり、みなでひとつのイベントをやるのではなく、それぞれの強みを活かしたコンテンツで競い合い、協力し合うというのも「ぐるぐるひぜん 2016」の面白いところ。

今秋の連休は、お得なガイドブックをゲットして、ぜひ肥前を遊びつくしてみてはいかがでしょうか。