イラストレーター 福田利之のイベント「ご縁があって」 開催!@GOUACHE

2月1日(水)〜2月12日(日)まで、福岡の今泉にあるライフスタイルショップ「GOUACHE(ガッシュ)」 にて、イラストレーター福田 利之さんのイベント、「ご縁があって」が開催されます。

福田 利之さんとは

引用元:TOSHIYUKI FUKUDA PORTFOLIO

引用元:TOSHIYUKI FUKUDA PORTFOLIO

福田さんは、エディトリアル、装丁、広告、アーティストのCDジャケット、絵本などさまざまなビジュアル表現を手掛けるイラストレーターです。

素朴であたたかくユーモアあるイラストが特徴で、コピーライター糸井 重里さん主宰の「ほぼ日刊イトイ新聞」でも、過去に連載「福田のフォト絵」をはじめ何度も登場するなど、幅広く活躍されています。

福田さんとGOUACHEはかねてより縁が深いということで、今回のイベントが実現しました。

交流から生まれる新しい発見

gouache_site780

グリーンや食器といった生活雑貨から、シンプルながらも個性ある服飾雑貨まで、独自の審美眼により選ばれた流行に左右されないアイテムが揃うGOUACHE。

brand780

“絵の具”を意味するGOUACHEという店名には、“人の数だけカラーがあり豊かさがある”というコンセプトが込められています。

定期的に店内でイベントを開催することで、作家やアーティストのオリジナリティーや世界観を発表する場としてだけでなく、お客さまを含めそこに関わるさまざまな人との交流の場を目指し、双方の交流から生まれる新しい発見を大切にしています。

テーマは“縁”

人と人だけでなく、物や場所にも大切に思える“縁”がある――。

そんな“縁”をテーマに開催される本イベント「ご縁があって」では、福田さん、GOUACHE、お客さまをつなぐ縁のシンボルとして、「糸で綴じるノート」のワークショップを企画。

corage780

福田さんが普段作品の中でよく取り入れている技法、“コラージュ”。紙や布の端切れなどを用いて、好きに組み合わせ1枚の絵にしていく技法です。

workshop_rope780

あらかじめ用意されたマスキングテープ、布、雑誌の切り抜きなどを用いて、ノートの表紙に自由にコラージュしていきます。参加された方と福田さんの縁をつなぐべく、出来上がった表紙を無地のノートに糸で綴じて完成です。

コラージュのコツやちょっとしたテクニックなどを、福田さん本人に教わることのできる貴重な機会とあって、見逃せません。

世界中の紅茶ファンに愛されるHONEY & SONSの紅茶と、GOUACHE近くの人気カフェ・クレープリーLe BRETONのお菓子付き。

ワークショップは2月5日(日)、第1部と第2部に分け2回開催。各回の定員は10名となっています。参加希望の方は、GOUACHEサイトの参加申込フォームかお電話より、お早目のお申込みをオススメします。

福田さんの世界観を満喫する12日間

tenpu780

イベント期間中は、福田さんのクリエイティブを落とし込み、さまざまなテキスタイルや布プロダクトを製作、発信していくブランド「十布(テンプ)」の展示販売会も開催。

会場では、福田さんの新刊「いまからノート」の原画も展示されます。

ワークショップや十布のプロダクト、イラストの原画など、福田さんの世界観を満喫する12日間となりそうです。ぜひ期間中に足を運んで、福田さんのクリエーションに触れてみてはいかがでしょうか。