「フロントエンドっぽいカフェ祭りフェス」福岡でついに開催

「福岡でおもしろいことをやりたいんだ」いつものようにWIRED誌に目を落としたままミヤザキはいつもと変わらぬ口調でつぶやいた。アラタナ研究所の生き残りであるヒビ・ミヤザキには福岡に対する並々ならぬこだわりがある。「実にエキサイティングな街だよ。おもしろいことをやるには、うってつけだね」

aratana_lab_entrance780

2011年、天神の北のはずれにオープンしたアラタナ研究所はいくつかのサーヴィスをローンチすると2014年にその役目を終える。「たしかに僕らはイノヴェイションを起こすことはできなかったかもしれない。けれども振り返ってみると、クリエイティヴなスペースとしての役割は十分に果たしていたと思うよ」

aratana_lab780

当時、シャレオツ(洒落ている様子を表すスラング)なオフィスとして知られていたアラタナ研究所。そのインテリアデザインを手がけたのがBULANCO INC.の代表を務めるヤイヴだった。オフィス中央に配置された絶妙な傾斜のついた巨大なホワイトボードはヤイヴの自信作だ。クリエイティヴィティを妨げないゆったりとしたスペースと、リラックスしてものづくりに取り組める木の質感は、訪問者からの評判も上々だ。

ミヤザキがヤイヴに出会ったのは4年前。カジュアルなチャイニーズレストランだった。当時ヤイヴはフリーランスのデザイナーとして活動していた。ミヤザキはその時の印象をこう語る。「ヴォリュームの割にはリーズナブルでコストパフォーマンスは最高だよ。マーヴォー豆腐にカラアゲがついてくるなんて最高にクールだね」

bulanco_meeting-space

福岡でクリエイティヴなイヴェントを開催するにあたって、ミヤザキがヤイヴに相談を持ちかけたのは半ば当然の流れであった。毎年恒例とも言うべきペースでヴァージョンアップしていくBULANCOのオフィス。ここでクリエイターたちを軟禁状態に追い込めば、あるいは1日でイノヴェイションが起こるのではないか。イヴェントの内容はすぐに決まった。1日がかりのハッカソン(ハックとマラソンを合わせた造語)だ。

「ただクリエイターを集めると言っても、もう少しテーマを絞りたかった」そこでここ近年でミヤザキが熱を感じている「フロントエンド(ここではHTML、CSS、JavaScriptなど狭義のテクノロジー)」にフォーカスしたハッカソンを行うことにした。フロントエンドであれば、BULANCOとのアフィニティ(親和性)も高い。

しかしハッカソンと言うとハードルが高いのでは?「そうだね。だから今回はハッカソンという言葉は使わないことにしたんだ」カフェのようにリラックスした雰囲気で、それでいて祭りやフェスのような高揚感を感じてもらいたいという思いから「カフェ祭りフェス」とした。「おそらく世界初だろうね。カフェ祭りフェスという非日常から常識をノックアウトするようなサムスィングが生まれることを期待しているよ」

「フロントエンドエンジニアにはリアリティを感じない」と言うミヤザキ。「フロントエンドっぽい人」で十分だと続ける。フロントエンドっぽい人たちが黙々と何かをつくる。それが「フロントエンドエンジニアって何?って思ってるフロントエンドっぽい人たちが何か作ってみるカフェ祭りフェス in 福岡」だ。参加者のスキルは問わない。「ただ楽しんで欲しいだけなんだ。ものをつくるって最高にエキサイティングなエクスペリエンス(体験)だと思ってるよ」

今回は主催企業からの賞品を用意した。「社内政治はなかなか大変だったよ。今回の賞品は特にね」巷で話題だというデヴァイスを眺めながらミヤザキは少し顔を曇らせる。「まあ、首相官邸やお祭り会場では飛ばさないという約束はしてもらうよ」もちろん賞品目当ての参加者は少ないと考えている。彼らのモチヴェーションは、ものづくりであり、つくったものを公開することにあるのだ。それがどんなに些細なものであっても。

参加者には学生、社会人、ニート、地下アイドルを予定している。(注:本稿執筆時点で地下アイドルの参加申し込みはまだない)個人で黙々と開発をするのもよいだろう。また、参加者同士のシナジーによってよりクリエイティヴなものが生まれる可能性もある。前述のとおり、スキルは問わない。「1インチでも興味があればぜひ参加してもらいたいね」参加人数はまもなく定員に達しようとしている。「迷っているならばすぐに申し込むべきだ。何が人生を変えるかはわからないからね」そう言ってミヤザキはふたたびWIRED誌に目を落とした。

フロントエンドエンジニアって何?って思ってるフロントエンドっぽい人たちが何か作ってみるカフェ祭りフェス in 福岡

【概要】
福岡のアラタナ研究所が1日限りの復活です。フロントエンドっぽい人たちで何か作ってみませんか?ハッカソンほどハードじゃない。もくもく会ほど寡黙じゃない。おもしろいことをやりたければ、スキルは問いません。コンテストが主目的ではありませんが、最近(悪い意味で)話題のアレを賞品として用意してます。

【日時】
2015年6月13日
10:30 – 18:00

【定員】
15人(定員間近)

【場所】
ブランコ株式会社
福岡県福岡市中央区西中洲12-25 岩崎ビル6F

【主催】
株式会社アラタナ