1家に1台も夢じゃない!約1万円の3Dプリンター「101Hero」

デジタルからアナログまで多様な工作機械を備えた「ファブラボ」は各地で続々と増え、自分のつくりたいものを好きなようにつくる環境があちこちで整ってきました。

福岡には以前からファブラボ太宰府がありましたが、今年はTECH PARK MAKERSファブラボ博多Makers’Base Hakataといった、ファブラボやものづくりのスペースがいくつもオープンしています。

そんな“DIY(Do It Yourself)”の流れに拍車がかかりそうな嬉しいお知らせがあります。

まだまだ高価なものというイメージのある3Dプリンターが、なんと約1万円という超低価格で10月に発売されます。

誰でも気軽に

超低価格の3Dプリンター「101Hero」は、アメリカのノースカロライナ州を拠点とするデザイナーとエンジニアのグループにより開発されました。

デルタ型と呼ばれる、3本の支柱をレールにしてヘッドを3つのアームで上下に動かして造形するタイプの製品で、高さ10cm、直径15cmの範囲に収まるものがプリント可能です。

引用元:101Hero 公式サイト

引用元:101Hero 公式サイト

例えばレゴのようなおもちゃのパーツ、アクセサリー、冷蔵庫のマグネットなど、こまごましたものを気軽にプリントすることができます。

仕事に、遊びに、家庭にと、さまざまな用途に対応可能な、本格的かつ気軽に使える製品です。

気になる使いやすさ

「手頃な価格で、誰でも気軽に利用できる3Dプリンター」を目指しつくられた101Heroは、若い人からご年配の方まで楽しんでもらえるように安全に配慮してデザインされています。

引用元:101Hero 公式サイト

引用元:101Hero 公式サイト

発送の際のコストを下げるため、90%出来上がった状態で届き、最後の組み立てだけ自分で行います。

数本のネジを順番に取り付けるだけなので、5分で組み立て作業は完了。電源を入れればすぐに使用することができます。

また、101Heroには初心者向け、上級者向けの2つの製品が用意されており、自身のレベルに合わせて選ぶことができます。

初心者向けのカスタマー版(CV)は、データを入れたメモリーカードをプリンター本体に挿し込み、ボタンを押すだけでプリントが始まります。

オンライン3Dモデルライブラリからお好きなデザインのファイルをダウンロード出来るので、モデリングの技術などは必要ありません。

上級者向けのデザイナー&デベロッパー版(DV)は、メモリーカードだけでなくUSB接続ができます。

Windows、Mac、Linuxといった様々なOSや、Slic3rCuraといったオープンソースのソフトウェアに対応しているので、自分で設計したモデルをプリントすることもできます。

欲しいものは自分でつくる

誰もが使いやすいことにこだわって設計された101Hero。

引用元:101Hero 公式サイト

引用元:101Hero 公式サイト

本体自体の重量は1.8kgと軽量、高さ約33cm、幅約25cm、奥行約22cmととってもコンパクトで、ご家庭でも置く場所を確保しやすいサイズとなっています。

6月17日(金)まではクラウドファンディングサイトKickstarterより予約購入が可能。

カスタマー版が$74(約7800円)、デザイナー&デベロッパー版は$79(約8400円)から受け付けています。

2016年10月以降の小売価格では$99〜(約1万円)を予定しているため、少しでもお得に購入したい方はこのチャンスをお見逃しなく。

引用元:101Hero 公式動画

引用元:101Hero 公式動画

この低価格であれば、1家に1台3Dプリンターという日もそう遠くない気がします。“欲しいものを見つけて買う”のではなく、“欲しいものは自分でつくる”ということが当たり前になったら面白いですね。