デザイン集団「Tomato.」結成25周年を記念した企画展が渋谷をジャック!

世界的に活躍するデザイン集団「Tomato.」の結成25周年を記念したプロジェクト「THE TOMATO PROJECT 25TH ANNIVERSARY EXHIBITION“O”」が、3月12日(土)〜4月3日(日)に渋谷パルコを中心とした渋谷の街で開催されます。

デザイン集団“Tomato.”

1991年にロンドンで発足したTomato.は、アーティストやミュージシャン、デザイナーからなるデザイン集団です。

underworld

Tomato.創設メンバーであり、外国人で初めて東京タイプディレクターズクラブの会員にもなったタイポグラファーのJohn Warwickerさん、同じく創設メンバーであるエレクトリックデュオ「Underworld」の2人をはじめ、ロンドン、メルボルン、東京、カッセルなど、世界中の都市にいるメンバーが新たな作品を発表し続けています。

その活動はメディア、映像、ブランディング、ファッション、建築設計、ファインアートなど多岐に渡ります。

Tomato.はこれまでも、日本に滞在する際の拠点に常に刺激と発見を与えてくれる街である渋谷を選んでいること、また、アートワークと音楽を手掛けたTomato.の存在を世に知らしめるきっかけとなった映画「Trainspotting」に日本でいち早く注目し公開を行ったのがパルコということもあり、今回の展示が実現しました。

繋がりを表す“O”

poster2

展示タイトルの“O(オー)”はエレメントとしての“O”。時を超えてTomato.とパルコと渋谷が1つの大きな円として繋がったこと、そして過去と今と未来を表しています。

本展では、Tomato.がこれまでに創作してきた、商業作品だけでなく個人的な作品や実験的に制作された作品などが展示されます。

渋谷パルコのParco Museum、PARCO GALLERY Xを中心に、渋谷パルコ全館、そして渋谷の街をも巻き込み、Tomato.がこの25年の間にたどった道や、今いる場所、これから向かう場所を示す包括的なプロジェクトです。

ファッションブランドやセレクトした書籍などが並ぶTomato.プロデュースのポップアップショップが限定オープンするほか、Tomato.メンバーによるトークショーやワークショップも開催予定。

この度の展示の開催を記念して、エキシビションを記録した会場限定販売の図録「THE TOMATO PROJECT “O”」 、John Warwickerさんのエッセイ写真集「One Thousand Fathoms Deep」、Underworld初の書籍「The Box of the Books of the Book of Jam」という3書籍の発売も決まっています。

shibuya

AR技術を駆使したバーチャルなアートを渋谷の街のストリートにも展開し、パルコ館内や街頭の大型ビジョンでは映像作品も放映予定と、渋谷の街のあちこちがTomato.色に染まります。

Underworld緊急来日!

展示初日の3月12日(土)にはUnderworldが緊急来日することが決定。

newalbum

抽選で選ばれた200名に向け、3月16日に発売予定の6年ぶりとなる新アルバム「Barbara Barbara, we face a shining future」の楽曲を初披露する、ヘッドフォンを用いた一夜限りのライブを開催します。
(※抽選方法についてはこちらのサイトをご覧ください。)

抽選に外れてもご安心を。そのライブの模様は、この春開局する「渋谷のラジオ」にて渋谷の街限定で生放送されるほか、2次会場にて360度の映像を楽しむGear VRとヘッドフォンを用いたライブストリーミングが開催されます。

Tomato.からのプレゼント

Tomato.とつながりの深い渋谷、東京、そして日本へこれまでの想いとこれからの想いを込めたプレゼントとして、盛りだくさんの内容で開催される今回の展示。

世界のデザインを先導し続けているTomato.の作品が包括的に見れる貴重な機会です。

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひTomato.色に染まった渋谷へ足を運んでみてくださいね。