オランダ第二の都市、ロッテルダムは訪れたい最高の街

イブです、こんにちは。今回は私にとって最も愛着があるオランダの街、ロッテルダムについて紹介します。

私は首都のアムステルダムに昨年の半年間住んでいましたが、故郷はオランダ第二の都市であるロッテルダムです。

ロッテルダムは南オランダ州に位置し、現在の人口は60万人以上。ヨーロッパの中でも比較的大きな都市です。

都会的なロッテルダム

オランダの他の都市とは違い、ロッテルダムには皆さんがイメージするようなオランダの典型的な建築はほとんどありません。非常に都会的で、アムステルダムよりはむしろアメリカのニューヨークに似ています。

なぜならロッテルダムは第二次世界大戦の爆撃で完全に焼失し、戦後全てを一から再構築したからです。そのためなのかロッテルダムには冒険的なイメージの建物が多く存在します。

ロッテルダムの建築

アムステルダムが古い建築や街のイメージを守ることに重点を置いているのに対し、ロッテルダムは古い建物を壊し新しいものを造ってきました。ロッテルダムは高層ビルや大きな道路があることでも知られ、オランダで最大の建築物であるMaastoren(マースタワー:高さ165m)が有名です。

またロッテルダムの建築プロジェクトの一つ、「キューブハウス(kubuswoningen ※オランダ語)」を写真で見たことがある人も多いかもしれませんね。

The Cube Houses(Kubuswoningen)

The Cube Houses(Kubuswoningen)

長い間オランダ人にとってのロッテルダムは、言い方が悪いかもしれませんが「灰色」だとか「醜い」というイメージでした。しかし、ここ数年ロッテルダムは真の復活を見せています。

新しい建築がどんどん増え、ロッテルダムは一層実験的な大都会へと成長してきました。

なかでも2014年のロッテルダム中央駅の改修は、大きな役割を果たしました。ほかにもマーケットホールや、オランダの有名な建築家レム・コールハースが設計した「The Rotterdam」などが挙げられます。

 The Markthal

The Markthal

世界で訪れたい最高の街

建築だけでなく、ロッテルダムはあらゆる方法で発展しています。 毎月ランチプレースやコーヒーショップが新しく出現していますし、新しいお祭りや文化活動もどんどん作られています。

ロッテルダムのナイトクラブ「ペロン」は閉店してしまいましたが、すぐに新しいクラブが軒を連ね、オランダのダンスシーンに別のムーブメントを与えています。

これらの変化によってロッテルダムは世界に知れ渡ることとなり、2014年イギリスの「ラフガイド」というガイドブックで「世界で訪れたい最高の街」の一つに選ばれました。

もしオランダ旅行を計画している方がいれば、アムステルダムだけでなくロッテルダムへもぜひ訪れてくださいね。じゃないと、きっと後悔しますよ!

原文はコチラ

日本語版翻訳:舘 紗也子