紙コップを忠実に再現した波佐見焼。「ILCANA」のペーパーカップタンブラー

オフィスやホームパーティ、アウトドアなど、様々な場所で活躍する「紙コップ」。しかし、数回使ってすぐに捨てられてしまうのが紙コップの定。

紙…ではありません!

そんな常識をつくがえす?!紙コップに新たな価値を与えるようなプロダクトがILCANAから発売されている「ペーパーカップタンブラー」です。

780_1

「ILCANA」は、オンラインショップを運営している株式会社スクエアが、2016年3月にスタートした、コーヒーをもっと好きになる道具を開発し、それを使ったライフスタイルを提案しているオリジナルブランドです。

そんなコーヒー愛好家の鼻孔と胸をくすぐるILCANAから誕生した「ペーパーカップタンブラー」は、その名の通り紙コップをモチーフにしたタンブラー。しかし素材は紙ではなく、長崎県の伝統工芸・波佐見焼の窯元 福田陶器店が製造する磁器製なのです。電子レンジや食洗機の使用が可能なので機能面もいうことなし!

780_2

容量はショートが約180ml、ロングが約280mlと、紙コップに近いサイズ感に仕上げられています。

「紙コップ風なので、マグカップの様な持ち手は付いておりません。飲み物の温度の好みは十人十色です。アツアツが好きな方もいれば、ぬるめが好きという方もいます。自分の手で温度を感じ、自分に合った美味しい飲み頃を見つけ楽しんで頂けたらと思いこの形にしました」と、ILCANAのデザイナー日原さんはいいます。

780_3

ロゴマークやイラストなどのオリジナルデザインを入れた製品として100個から製造可能とのことなので、結婚式の引き出物や、お店や会社のロゴマークなどを入れて記念品やノベルティとして活用してみてはいかがでしょうか。