美しいカラーに心奪われる“限定品”のようなプロダクトブランド「ornament」

世界をあっといわせた技術

「インモールド成形のパイオニア」として知られる吉田テクノワークス。インモールド成形とは、プラスチック成形の金型の中にフィルムを挟み込み、成形と装飾を同時に行う製法のこと。スマートフォンの普及により、その需要は急速に高まっています。

「インモールド成形の技術を世界にアピールしたい」との思いから、代表取締役社長の吉田 重雄さんが2013年に「ornament(オーナメント)」を立ち上げました。

タッグを組んだのは、数多くの企業や組織のモノづくりを支援している、アッシュコンセプト株式会社のデザイナー名児耶 秀美さん。吉田テクノワークスの技術と、名児耶さんの斬新な観点から「ornament」のアイテムは生まれています。

常に最新技術を世界に届ける

「ornament」のアイテムは「インモールド」、さらに進化した「ダブルインモールド」という技術を用いて製作されています。ダブルインモールドとは、カメラ付携帯電話のいち部分にも使われている技術で、吉田テクノワークスが特許を取得しています。

ダブルインモールド成型によって生み出された深みのある色彩と美しいグラデーション。プラスチックでありながらも金属製のような高級感が魅力です。

さらに、デザインの美しさだけではなく、その機能性にもこだわりが満載。カードケースの両サイドを持って軽く押すと、ゆっくりとフタが開きます。また、同時に底面のフラップが名刺を持ち上げるので、スムーズに名刺を取り出せます。フタの裏面には、受け取った名刺を1枚挟み込んでおくことができます。名刺交換のひと時をよりスタイリッシュに演出してくれる、ビジネスシーンに欠かせないパートナーになりそうなアイテムです。

「デザイントレイ」は、ガラスのような透明感を感じさせながらも金属のようなメタリック感をトライタン樹脂とインモールド成形によって実現しました。シンプルでありながらも、華やかさを兼ね備えているので、日々の食卓にはもちろん、ホームパーティにもぴったり。

滑らかなフォルムと色鮮やかなグラデーションカラーの「シューホーン」。ミニマムでコンパクトなデザインなので、バッグの中やポケットからサッと取り出す姿もスマートに魅せてくれます。革靴からスニーカーまで幅広く使用することができるので、オン・オフ問わず持ち歩きたいアイテムです。

持っているだけでワクワクするような「限定品」のようなアイテムを生み出している「ornament」。これからどんな商品が発売されるのかはもちろん、吉田テクノワークスの技術の進化からも目が離せません。