東京の記録。水彩画で描かれた「Tokyo Storefront シリーズ」

Tokyo Storefront シリーズ」は、ポーランド出身のアーティストMateusz Urbanowiczさんにより、東京の古い店頭を水彩画で記録されたシリーズです。

奥行きのある水彩画

2016年8月に上映をスタートし、現在も上映されるほどの人気映画作品となった「君の名は。」で、アートチームの一員としてイラスト作成を勤められたMateusz Urbanowiczさん。

NHKACジャパンによる共同キャンペーンのために制作されたアニメCM「Mottainai」では、登場人物に合わせた奥行きのある背景、世界観を見事に描き出しています。

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

Tokyo Storefront シリーズは、Mateusz Urbanowiczさん自身が神戸から東京に移住した際の「古いお店があることに驚いた」という発見をきっかけに、アートに活かしたいという思いから描かれたシリーズだそうです。

作品には、街にある古いお店や家が建つ頃からその地で育ってきたかのような安定感と色彩の遊び心があり、ずっと見ていたくなるような不思議な世界観を生み出しています。

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

水彩画の特徴である色の“滲み”が、建物の古く懐かしい雰囲気を見事に表現していますね。

ストーリーを感じる

スタジオジブリの映画からインスパイアされ、冬の寒さの中に横浜の温かい街や家庭を描いた「Cold in Yokohama シリーズ」や、自転車のスピード感と街の風景を描いた「BicycleBoy シリーズ」も必見です。

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

引用元:Mateusz Urbanowicz 公式Facebookページ

例えばこの作品は、「雲ゆきが怪しくなって急いで帰っているのかな」とストーリーが想像でき、見ているだけで楽しむことができますね。

Mateusz Urbanowiczさんの作品は、淡く滲んだ独特で絶妙な色彩が美しく、作品全体から優しい雰囲気が感じられます。

Mateusz Urbanowicz公式サイトでは、イラストの他にもアニメーション作品などを見ることができます。1度拝見してみてはいかがでしょうか。