眠れないホテル!?約5,000冊のマンガが読み放題のホステル「MANGA ART HOTEL, TOKYO」

一人旅にもぴったりなコンパクトさに加え、ユニークなコンセプトを掲げるスポットが多く注目を集めている「ホステル」。
株式会社dotは「眠れないホテル」をテーマに、“アート”を切り口としたマンガ体験を提供するホステル
MANGA ART HOTEL, TOKYO(マンガ アート ホテル トーキョー)」を2019年2月、神保町にオープンします。

なぜ、マンガなのか?

2020年、世界各国から訪れる外国人観光客にむけて何か仕掛けられないか?そこで注目したのが、日本が誇れる文化産業「マンガ」でした。

国内では電子コミックが紙の販売を上回るという大きな変化を迎えつつある中で、MANGA ART HOTEL, TOKYOでは“アート”という観点からマンガの選書を徹底的に行い、マンガを手にとって読むこと、紙だからこその出会いや感動を生むなど…ここでしか味わえない宿泊体験をすることができる空間になっています。

厳選された5,000冊をご用意

ホステル内に並べられているマンガの数は、約5,000冊。アートという観点でキュレーションされており、すべてのタイトルにおすすめコメントが用意されています。男性フロアと女性フロアでは、選書内容が異なる点も、こだわりのポイント。外国人観光客向けに、英語版のマンガも用意されています。

そしてそのすべての本が、購入可能。本屋さんでは出会うことのできなかったマンガに必ず出会うことができるはずです。

神保町×MANGA ART HOTEL, TOKYO

そして、神保町という立地で何か気づいた方もいらっしゃるはず。そう、神保町といえば、数々の書店が立ち並び、出版社も多く拠点を構える「本の街」として知られています。ホステルはもちろん、神保町という街を通して、ディープな日本文化を体験できるように考えられています。

また、“Architects of the Year 2017”を受賞した新進気鋭の建築家
山之内淡氏を、“建築設計”と“ブランド開発”の責任者として起用。受付のあるPUBLIC ZONE・水回りのあるUTILITY ZONE・MANGA ROOM、の3つで構成されており、3つの空間をトンネルのように通り抜けていくことで、不思議な世界に迷い込んでいくような非日常感を演出し、マンガの世界への入口をつくっています。

「まだ出会ったことない素敵なマンガ作品に出会える、一晩中その世界に浸っていられる、そういう体験を出来る場所をつくりたい。その想いからこのMANGA ART HOTEL, TOKYOを作りました。日本を代表する文化の1つであるマンガは、笑ったり、泣いたり、考えさせられたり、学んだり、また1つのアート作品としても楽しめるとても奥深いものだと思います。

今回はそういった感情を動かしてくれる、ためになる、かつ書籍としても魅力的だと感じられるものを選びました。こんなに素敵な作品に出会うことが出来た、空間としても魅力的だった、と、日本の方のみならず世界中の人、一人でも多くの人に思ってもらえたらと思います。」と、株式会社dot 共同代表取締役・御子柴雅慶氏と、吉玉泰和氏は話します。

宿泊予約受付は2019年1月下旬からを予定しているそうなので、詳細は公式TwitterなどSNSをチェックしてみてくださいね。

MANGA ART HOTEL, TOKYOで、眠れないほど夢中になれる一夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。