見て、触れて、遊ぶ「魔法の美術館」が福岡にやってくる!

全国を巡回しこれまでに120万人を動員しているという、大人気の体験型展示「魔法の美術館」。

9/7(月)より、福岡アジア美術館でも「見て、触れて、遊ぶ 光と影のワンダーランド 魔法の美術館」が開催されます。

光と影をテーマに、10組のメディア・アート作家たちによる、映像を駆使したインタラクティブな作品が18点展示されます。

その中からいくつかをピックアップしてご紹介します。

happy halloween!

カメラの前に立つと、自分の顔が次々とオバケやドラキュラ、ライオンに変わる「happy halloween」。

Dancing Mirror

数秒前の動きを記録し、音楽に合わせたダンスに変える、コミカルな「Dancing Mirror」。

シンプルながら、この動きと音楽のマッチ具合がとてもおもしろい作品です。

Splash Display

光の的にボールを当てると発泡ビーズが吹き出す、ゲーム感覚の展示「Splash Display」。

七色小道

歩く度に、色や光が溢れだし、混ざり合い、常に変化する「七色小道」。

アートを身近に楽しむ

単位展にも出品されていた、自分の映像がピクセル画に変換される「Pixelman」、真っ白な本をスクリーンに見立て、本の上で童話が繰り広げられる「がそのもり」など、上記以外にも盛りだくさんの内容となっています。

まるで魔法使いになったように、見て触れて遊べるこの展示。大人も子どもも、難しく考えることなく全身でアートを楽しめること必至です。

お得な家族ペア券もあるので、休日のおでかけコースに加えてみてはいかがでしょうか。