英国発老舗ブランドJOHN SMEDLEY
が提案する“ニットの芸術”

金木犀が香る季節になり、ニットを着る機会も増えてきた今日このごろ。

200年を超える歴史を持つ、英国の老舗ニットウェアブランド「JOHN SMEDLEY(ジョン スメドレー)」をご存知でしょうか。

最高の素材と伝統的な製法

js_history780

ジョン スメドレーは、産業革命の初期にあたる1784年にジョン・スメドレーさんと、フローレンス・ナイチンゲールさんの叔父にあたるピーター・ナイチンゲールさんによって英国にて創業されました。

きめ細やかな編み目をつくるため、直接契約の牧場から毛足の長いメリノウールを厳選して使用し、軟らかな地下水を使用することで自然な光沢と柔らかな肌触りを引き出しています。

js_craftmanship780

素材の持つ本来の良さを損なわないよう、繊維を切断することなく編みたて、本物の高級ニットの証である完璧できれいなつなぎ目にするため、ボディー部分と袖は職人による手作業により縫い合わされ、極上のなめらかな肌触りを体感できるニットがつくられています。

シーズンテーマは“ニットの芸術”

伝統を重んじるだけでなく、現代にフィットする商品の提案も積極的に行うジョン スメドレーの今季のシーズンテーマは「ニットの芸術」。

世界的に抽象表現主義が起こった1930年代の英国の芸術家達からインスピレーションを得て、ニットに対する情熱とクラフトマンシップを活かした商品を展開しています。

js_paint780

キャンパス上にラフに描かれた油絵具のブラシストロークを、複雑なジャガードニットで再現した商品「PAINT」は、デザイン・テクニックともにシーズンを代表する1着。

ja_paint_detail780

点描画の持つ繊細な濃淡をニットの上に表現するなど、細部までこだわった商品です。

js_color780

繊細な色味を表現したカラー展開もジョン スメドレーの特徴のひとつですが、今季は英国における抽象表現主義の活動拠点となったセント・アイヴスの芸術家たちから着想を得た、秋にピッタリの新色も揃っています。

素材×伝統×技術

創業から230年以上を経たいまも、イギリスを代表するニットブランドとして世界中から愛され続けているジョン スメドレー。

js_shop780

福岡では天神イムズに直営店舗を構えています。クラッシックとモダンを融合したジョン スメドレーの工場を彷彿とさせる内装で、九州地域における随一の品揃えとカラーバリエーションを誇っています。

最高級の素材・伝統・職人の技術が組み合わさり生み出される上質なニットをまとって、これからの季節を快適に過ごされてみてはいかがでしょうか。