本好きにはたまらない!「BOOK AND BED TOKYO」で 至福の寝る体験を

好きな本を夢中で読んでいたら、いつの間にか寝てしまった…誰しも1度はそんな経験をしたことがあるのではないでしょうか。

本好きの方にとって、本に囲まれて寝るというのはたまらなく幸せな体験です。

そんな至福の寝る体験を提供するべく誕生した、こんなホステルがあります。

至福の寝る体験

11月5日に、東京・池袋にオープンしたばかりの「BOOK AND BED TOKYO」は、“泊まれる本屋”がコンセプトのホステルです。

BOOKSHELF 引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

BOOKSHELF 引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

随所に設けられた本棚には、“眠れなくなる本”、“夜食本”、“家が恋しい時”など、“泊まれる本屋”というコンセプトに合わせてユニークなテーマで選ばれた1700冊の本がずらりと並びます。

選書を担当したのは、日常に寄り添う本を中心に取り扱う渋谷にある本のセレクトショップ「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」。

和書はもちろんのこと、雑誌、洋書、写真集、雑誌からマンガまで幅広いラインナップで、どんな本があるのかを見ているだけでも楽しめそうです。

心地よい空間

引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

設計・デザインを手掛けたのは谷尻誠さん率いる「SUPPOSE DESIGN OFFICE」。

木材のかもしだすあたたかみを、ネイビーの色使いとコンクリートの素材を用いることで引き締め、カジュアルさと上品さのバランスが心地良い空間となっています。

天井からは照明とともに無数の本がぶら下がり、本好きのワクワクする気持ちを盛り上げます。

BUNK  引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

BUNK 引用元:BOOK AND BED TOKYO 公式サイト

部屋のタイプは2種類あり、本棚の奥にある秘密基地感覚の小部屋「BOOKSHELF」タイプと、より集中した環境で“泊まれる本屋”を体験できる「BUNK」タイプから選べ、さらにそれぞれベッドの大きさを「STANDARD」と「COMPACT」の2タイプから選べます。

もちろん、13時から17時の間はデイタイムが設けられており、宿泊をしなくても本を楽しむことができます。

ひとつの注意点

新宿や渋谷へは電車で10分以内、東京や六本木へは電車で20分以内、品川へは30分以内という都内各地へのアクセスも良好な池袋にあるこちらのホステル。

宿泊料金・デイタイム料金ともに現金での支払い不可という点のみ注意が必要ですが、好きなだけ本を読み、本に囲まれて眠るという至福の体験を是非味わってみてくださいね。