温泉につかりながらアトラクションを楽しめる「湯〜園地」が実現へのカウントダウン!

PR動画をきっかけに大きな話題となった、温泉につかりながらアトラクションを楽しめる「湯〜園地」が、実現に向けた資金集めプロジェクト「どうせやるならやりすぎたい!温泉×遊園地=前代未聞の“湯~園地”を別府に実現!!」をクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて開始しました。

世界初の公約型PR動画

ことの始まりはひとつの動画。

世界一の温泉湧出量をほこる大分の魅力を世界へ発信するべく、「遊べる温泉都市構想」を策定した大分県別府市がPR動画を作成しました。

90年の歴史を持つ別府市内の遊園地「別府ラクテンチ」に、源泉地から12トンもの温泉を運び、別府市長をはじめとする総勢150名以上の市民がエキストラとして参加。

温泉につかりながら乗れるジェットコースターや観覧車など、温泉資源の豊かな土地ならではの湯〜園地で人々が遊んでいる様子を描いた動画です。

atraction780

動画公開と同時に「再生回数が100万回を達成した場合、実際に別府市内で『湯〜園地』計画を実行する」との公約を発表したところ、公開から3日という記録的な速さで100万回再生を達成!現在でも再生数は伸び続けています。

税金は一切使わずに湯〜園地を実現するということで、今回クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて、制作資金を募っています。

湯〜園地の実施概要

merry780

湯〜園地は、今年の夏7月29日(土)〜31日(月)の期間限定で、別府ラクテンチ内の一部の遊具・施設を使用して実施予定。

浸かれるメリーゴーランド、かけ湯吊り橋、温泉スライダー、ホットな温泉ジェットコースター、山頂を目指すケーブルカーの湯、家族風呂的観覧車など、さまざまな遊具が計画されています。

koyaku780

資金の募集額は1000万円ですが、市長が最終目標掲げているのは1億円!動画内の遊具の再現に加え、さらなるアトラクションやコンテンツの追加、豪華ゲストの招致など、集まった金額に合わせて湯〜園地の内容をより充実させていくそうです。

“湯”ニークなリターンラインナップ

shower780

湯〜園地の入園チケットはCAMPFIRE限定で販売ということで、是非行ってみたい!という方は、入園チケット付きのコースをご支援くださいね。

その他にも1枚で5名まで使用可能な別府市営温泉の1年間入浴券「名湯市民権」や、開演前1時間を貸切れる1番風呂を楽しめる「湯〜が一番!」、別府温泉の湯を運び、お家のお風呂を別府温泉仕様にする「どこでも別府温泉」など、“湯”ニークなリターンが揃っています。

前代未聞の温泉×遊園地を実現させる湯〜園地。いったいあの動画がどこまで再現されるのか、いまからとても楽しみです。