伝統×テクノロジー×デザインで生まれた、ヴォロノイ畳「TESSE」

インスタレーションから都市まで幅広いジャンルで国際的に活動する建築デザイン事務所・株式会社noizと、明治時代創業の岐阜県の畳製作会社・株式会社国枝とのコラボレーションで誕生した、ヴォロノイ畳「TESSE(テッセ)」。コラボレーション開始から数年を経て、2019年3月にTESSEの公式ウェブサイトを公開し、正式に受注を開始しました。

世界にひとつだけの畳

TESSEは、独自のアルゴリズムにより、ユニークな分割パターンで生成される畳です。この独特の形状は「ヴォロノイ・パターン」と呼ばれる幾何学形状で、キリンの模様やトンボの羽など、自然界に頻繁に現れるパターンです。

現在、ブラウザ経由で部屋の形状や好みの分割数を入力、もしくは3Dスキャンなどにより部屋の形状をデジタルに取得することで、どんな空間にもフィットする独自のパターンを毎回新たに生成し、世界にひとつだけのオリジナル畳を製作する次世代型デザインと生産システムを開発中。つまり、マスカスタマイゼーションという概念を取り込むことに成功した世界でも珍しいプロダクトなのです。

新たな価値を創造する

TESSEは、”Tessellation(平面充填)”から生まれた造語です。幾何学的に平面を分割し、隙間なくタイル状のユニットを敷き詰めるTessellationの仕組みは、古来よりタイルなどの敷き込みシステムとして美学的、数学的興味の対象となってきました。デジタル技術が広く日常に浸透する時代になり、以前には想像もできなかったような複雑で一つ一つが異なるようなパターンも、デザインとして活用することが可能になってきています。noizでは、こうした新しい技術が切り開く可能性に着目し、畳をはじめ様々な領域で価値の再編集を続けています。今回TESSEでは、伝統産業とタッグを組むことにより、これまでになかった新しい価値と販路を生み出そうとしているのです。

 

目地と光源の向きによって、銀色に光ったり濃鶯色に沈んだりと豊かな表情を見せる畳。これまで四角形が当たり前だった畳の世界が、新たな時を刻み始めようとしています。