島まるごと貸切も可!長崎県の「無人島・田島」で
非日常の冒険を

無人島を貸し切ることができたら、あなたはどんな冒険をしたいですか?

長崎県の大村湾に浮かぶ田島にある『大村湾~無人島~滞在記「田島」』は、2013年7月にオープンした滞在型自然体験施設です。

田島とは

田島は全周約3.2km、全体面積は東京ドームよりひと回り大きい6.4ha(ヘクタール)という小さな島です。

例えば福岡からの場合、長崎の亀浦港まで車で120分、そこから船に乗り換えて5分で到着する距離にあります。

コウモリが羽を広げたような形をしているのが特徴で、ゆっくり歩いても1時間ほどで島を1周することができます。

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

約30年までは住民もいたため、古民家や田園風景など、昔話に出てきそうな風景がそのまま残り、昔ながらの生活を体験することができます。

さまざまなアクティビティ

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

森の中をすり抜ける空中スライダー”ジップライン”や、小学校高学年から体験可能な”シーカヤック”、海に浮かぶ秘密基地”シーハウス”、空中に浮かぶ”ターザンの家・魔女の家”など、無人島ならではの自然を満喫できるアクティビティが盛りだくさん。

お風呂は五右衛門風呂、ドラム缶風呂、露天風風呂が選べ、湯沸かしから体験することができます。

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

その他にも、田植えツアーや冬キャンプ、夏は小学生〜中学生に向けたこどもキャンプなど、年間を通して昔ながらの生活を満喫するさまざまな体験をすることができます。

自分と向き合う貴重な時間

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

引用元:大村湾~無人島~滞在記「田島」 公式サイト

「無人島」という言葉には、子供の頃に読んだ冒険小説のように、ワクワクする不思議な魅力があります。

ものやサービスが溢れる現代において、電気もガスも水道もない、本来のアウトドアに立ち返り、ひとりの“ヒト”としての自分に向き合うというのは、とても貴重な体験です。

田島は日帰りや素泊りのほか、島まるごと1日貸し切りのプランもあります。

現代の当たり前とかけ離れた非日常体験で得るものはとても多いはず。

インプットとアウトプットを繰り返す日々から離れ、田島でひと夏の冒険をしてみてはいかがでしょうか。