スイスの大学から生まれた、階段走行を可能にした車椅子「Scewo」

車椅子を使用される方が、階段などの障害物を乗り越えられ、より積極的に出かけたくなるプロダクト「Scewo」。

柔軟な発想

引用元:Scewo 公式動画

引用元:Scewo 公式動画

Scewoは、スイスにあるチューリッヒ工科大学の学生8名、チューリッヒ芸術大学のデザイナー2名により開発されています。

2015年にローンチされたプロトタイプScalevoを、さらに改良したものがScewoだそうです。

これまでの車椅子では登ることのできなかった階段を、乗り越えることに成功しました。

形にとらわれず、より良いものを生み出そうとする学生ならではの発想から生まれたScewoは、斬新で面白く、思いが伝わってくるプロダクトですね。

これからの車椅子

大きな2つの車輪でちょっとした段差にも負けない安定感を持たせています。ゴム製のキャタピラを搭載したことで、シーンによって使用方法を変え、階段での走行を実現させました。

引用元:Scewo 公式サイト

引用元:Scewo 公式サイト

階段で走行する際も、体勢を崩すことなくScewoが水平を保ってくれるので安心です。

セグウェイに用いられてるバランスシステムの採用により、従来の4輪モデルから、スタイリッシュな2輪モデルへと進化しました。

引用元:Scewo 公式サイト

引用元:Scewo 公式サイト

広がる可能性

近年、ノンステップバスや大きなサイン、点字ブロックなど、私たちの周りにはユニバーサルデザイン・バリアフリーといった考えが増えてきました。

しかし、身体に不自由がある方の立場になって考えてみると、1日の生活の中にどれだけの不便があるでしょう。

車椅子を使用される方にとっては、目の前の階段の向こう側に行きたい時でも、エレベーターを探し遠回りをしなくてはならなかったり、ちょっとした段差を1つ超えるだけでも疲労やストレスを感じるかもしれません。

引用元:Scewo 公式Facebookページ

引用元:Scewo 公式Facebookページ

現在Scewoは開発段階ですが、行動範囲をより広くし、積極的に外へと連れ出してくれるものになりそうですね。