作家が暮らしながら展示できるギャラリー「ondo STAY&EXHIBITION」

東京・大阪で展開するデザイン会社 G_GRAPHICS INC.が企画運営を手掛けているギャラリー「ondo STAY&EXHIBITION」。2017年4月に東京・清澄白河にオープンした、作家さんが暮らしながら展示できる新感覚の滞在型ギャラリーです。

閑静な清澄の街に馴染む佇まい

IMG_0068

東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3番出口から歩いて約5分の場所に佇む、こちらの建物。小さな古民家をリノベーションして造られており、山小屋のような趣があります。

IMG_0025

入り口を入って階段を登った先、2階部分がギャラリーになっています。そして、そこからさらに梯子を登ると、作家さんが寝泊りするための屋根裏スペースが。寝袋やシャワールームも用意されているので、遠方から展示をしに来られる作家さんにとっては、泊まる場所が確保されており、さらには展示の準備もゆっくり行うことができる、いいことづくしのギャラリーなのです。

新たな関わりを生み出す場所

IMG_0855_2

「もっと日常的に。もっと自然体で。いいものをいい。と言えるシンプルな価値観を大切に、地方、東京、海外をフラットにつなげていこう」という思いから生まれた「ondo STAY&EXHIBITION」。1度きりではなく、作家さんが定期的に発信できる環境を作ることで、清澄白河という街、そしてギャラリーに訪れる人、街で出会う人…そういった場所や人との新たな出会いが、また新たな関わりを生み出していけるのではないか、と考えているのだそう。

作家さんとの交流も楽しめる

780_3

カフェの街としても盛り上がりを見せている清澄白河のニュースポット「ondo STAY&EXHIBITION」。約2週間ごとに展示内容が変わるので、頻繁に足を運びたくなってしまいます。一般的に、遠方にお住まいの作家さんの展示の場合、作家さんご自身が在廊されていないことも多く、少しがっかりしてしまうことも…。しかし、ここなら作家さんが在廊していることも多いので、お話をうかがいながら作品を見ることができます。展示はもちろんのこと、そういった作家さんとの出会いも楽しむことができるギャラリーです。