“日々を楽しむ”をテーマとした新しい文房具ブランド『HITOTOKI』

株式会社キングジムは、2017年4月に、暮らしの中の楽しい“ひととき”を提供できるような文房具ブランド『HITOTOKI(ヒトトキ)』を立ち上げました。

1_780

キングジムといえば、「ファイル」や「テプラ」などのオフィスの情報整理用品や、ビジネスシーンで役立つデジタルガジェットのイメージが強かったのですが、近年では新しいジャンルとして様々な女性向け文房具の開発にも力を入れているんだそう。

日常をちょっぴり豊かにしてくれる文房具たち

2_780



『HITOTOKI』は、「暮らしのキロク」や「KITTA」など、これまで発売されていたキングジム製品の中で、『HITOTOKI』のコンセプトにマッチする6製品に加え、5月に発売されたテーププリンター“こはる”MP20を含めた計7製品でスタート。持っているだけでワクワクさせてくれるようなポップなビジュアルにも注目です。

7製品はいずれも「ほんのひとてま加えることで、暮らしが少し豊かになる商品」というコンセプトのもと開発されており、手帳やノートをデコレーションしたり、記録に役立てたりするような、私たちが日常的に使う「モノ」に+αの楽しみや、彩りを加えてくれるものばかりです。

インテリアとして楽しむこともできる文房具

3_780

5月から『HITOTOKI』の仲間に新しく加わったのがテーププリンター“こはる”MP20です。専用テープに、かわいいフォント・絵文字を印刷できる手のひらサイズのプリンターです。簡単な操作で手軽にラベルを作成できます。北欧テイストのデザインがインテリアにもマッチします。

“こはる”の専用テープは、和紙素材のマスキングテープと、光沢のあるフィルムテープの2タイプ、計6種類です。フィルムテープは水にも強いため、シャンプー・リンス類や、洗剤などのラベルにもぴったり。

4_780

今までのテーププリンターはよこ書きが主流でしたが、“こはる”にはたて書き機能がついています。また英数字以外に、カタカナ・平仮名・漢字も搭載されているので、グッと活用の場が広がったのが特徴です。かわいらしい見た目で、これだけの機能性を持ち合わせているから驚きです。

さらに、インスタグラム公式アカウント(@hitotoki_official)では、製品情報に加え、スタンダードな使い方から、クスッと笑えるユニークな使い方まで投稿されているので、こちらも合わせて見てみると『HITOTOKI』の製品を何倍も楽しく使いこなすことができます。

日々の暮らしをちょっぴり豊かにしてくれる『HITOTOKI』。自分らしい使い方を見つけて、日常の“ひととき”を楽しんでみてはいかがでしょうか。