カバンにも収納可能!携帯するクルマ「WALKCAR」

気軽に持ち運べ、移動をスマートにしてくれるクルマ「WALKCAR」が、10月より国内外に向けた一般予約を開始しました。

WALK(歩く)とCAR(クルマ)で“WALKCAR”

重さ約3kg、13インチのWALKCARは、一見するとノートパソコンのようですが、タイヤがついた超小型の乗り物です。

クルマというよりはスケートボードのようなシルエットですが、充電式バッテリーを搭載し電気で走る「電気自動車」の一種で、実際に一般の自転車の平均速度である時速16kmというスピードが出るそうです。

WALKCARは、これまでのセグウェイやバランススクーターといった乗り物にくらべとてもコンパクトに仕上がっており、さらに合計4つのタイヤがついているため安定感のある走行が可能になりました。

そのため、年齢を問わず安心して乗ることができます。

引用元:WALKCAR 公式サイト

引用元:WALKCAR 公式サイト

運転方法は前後左右への簡単な体重移動で、上り坂や少しの段差であれば難なく進むことができ、とても小回りがききます。

自転車やバイクの場合駐車しなければいけないところでも、WALKCARは駐車せずに持ち歩くことができるため、「駐輪場のない店舗」「家からバス停まで」「オフィスからコンビニへ」などのちょっとした移動に便利ですね。

再び注目を集めるEV

COCOA MOTORS.株式会社の創業者である佐藤 国亮さんは、大学入学を機に上京した際、それまでの車移動中心の生活から電車と徒歩移動の生活に一変したそうです。

行動範囲が狭まり長時間の徒歩も苦痛に感じた佐藤さんは、「まだ世にないEV(電気自動車)を生み出そう」と、車を携帯する「Car in your bag」のアイデアを考案します。

wc780_3

そして生まれたのがWALKCARです。

そもそもEVとは、電動アシスト自転車やトローリーバスなども含め、電気だけで走る電気自動車のことを言います。

かなりの歴史があるようですが、近年バッテリー容量の質が上がったこと、社会的に資源問題や環境汚染への関心が高まったことで再び注目を集めています。

ちなみに、EVの機能にガソリンエンジンが搭載されたものはPHV(プラグインハイブリット)と言い、欧米や中国ではPHV車が主流になっているようです。

移動手段の1つへ

wc780_

佐藤 国亮さんは、セグウェイやバランススクーターなどのEVが公道を走ることが認められていないことに対して、「これからは“歩く”か“WALKCAR”を選択できる時代になる」と言います。

現在予約を受付中で、発送は2017年9月を予定しています。価格は¥128,000(税別)。

WALKCARが日本から世界へ、新たな移動手段の1つとして認知されていくのが楽しみですね。