手でちぎって自ら形を作り上げる照明「TEARABLE LAMP」

静岡に拠点を構える事務所mag design labo. (マグ デザイン ラボ)。立体のデザインをベースに、モノづくりのプロモーション、イベントのプランニングなどを通して、人々の暮らしに新しい“かたち”をもたらすデザイン事務所です。

暮らしの新定番を生み出す

1_780

mag design labo.が “新しい定番を見つける旅。”をコンセプトに、2015年に立ち上げたオリジナルブランド「knot(ノット)」。10年後、50年後、100年後に定番となっていく形を目指し、暮らしのための新しいプロダクトをつくり続けています。

素材を変えてみる

2_780

ソーシャルプロダクツ・アワード 2017」を受賞した「TEARABLE LAMP」は、一見ベーシックな形をしたシンプルなランプ。しかし、スタンドも含めて紙で形成されているランプなのです。

3_780

もちろん紙なので、好みの形を自分でつくり出すことができます。

光を透過するという紙本来の本質をいかすとともに、“破れる・ちぎれる”というもうひとつの紙の本質を“モールド成型”という紙パック容器などを作る技術によりあらわにしています。その技術により不規則に絡まり結びついた繊維は、光に独特なニュアンスをもたらしてくれます。

光を灯すだけだった従来のランプに新たな価値を見出した「TEARABLE LAMP」。これこそまさに“新しい定番を見つける旅。”あなたにとって定番となる、自分だけのオリジナルランプを完成させてみてください。