女の子の憧れ“リカちゃん”の魅力が詰まった『誕生50周年記念リカちゃん展』

2018年2月22日(木)〜3月28日(水)福岡市博物館にて開催中のテレビ西日本開局60周年『誕生50周年記念リカちゃん展』

子どもたちとともに成長する企業、株式会社タカラトミーから誕生した女の子の憧れ“リカちゃん”の歴史と活動、魅力をご紹介します。

親子で訪れたくなる本展

リカちゃん誕生の1967年から2017年に至る、50年分の想いが詰まった本展。会場には数百のリカちゃん、リカちゃんにまつわるアイテムが展示され、親子や幼少期の友人と懐かし楽しむ場が広がります。

バブルやアイドル、カラス族、●、その時代の流行を取り入れたリカちゃんのファッションは、日本を象徴する

商品紹介に用いられるブックレット(小冊子)には、女の子の心を掻き立てるファッション雑誌のようなデザインがなされています。当時のパッケージからもグラフィックデザインの時代の流れを感じられ、あらゆる視点で興味をそそられます。

様々な職業の制服やアイドル姿、“可愛い”から“クール”まで着こなすリカちゃんは、幅広い年代の方を魅了しています。

佐藤 安太さん

タカラトミー社長でリカちゃんの生みの親、佐藤 安太さん。

本展に展示されている『開発ノート』には、眉の形や髪の色、二重にするかなど、貴重なリカちゃんの原点が記載されています。

アイデア誕生から世にでるまでのストーリーを紹介した4分の映像も本展で観ることができますよ。子供達の笑顔を増やしたいという思い、社運をかけた一大企画であること、リカちゃん誕生までの試行錯誤の様子が描かれたショートムービーです。

現在活躍しているリカちゃんは、4代目。

50年の時代の流れに合わせ、ヘアスタイルや顔立ち、ボディラインなど、複数回の変化を遂げてきました。忠実に現代を表現するこだわりが、リカちゃんファンへの愛情なのかもしれません。

公式サイトでは、4代目リカちゃんがさまざまな人物になりきる姿が見られ、お茶目な一面に釘付けになりますよ。

タレント“香山リカ”

フランスと日本のハーフ 香山 リカ(通称:リカちゃん)。幼くも上品な表情と、なんでも来こなしてしまうスタイルの良さで、カジュアルからフォーマルまでファッションの幅は無限大です。

TwitterInstagramなどのSNSの展開も行い、タレントとして活躍するリカちゃんは、チャルメラや、かどや、GODIVA、ASIENCEなど雑貨から食品、アパレルまで400を超えるコラボレーション商品を手がけるなど、活躍の場を広げています。

本展で見ることのできる博多織の着物を着こなした福岡会場限定リカちゃんは、とても美しい姿で「博多美人」という言葉を誇りに思うほどです。

ヘアアレンジやアイテムを変えるだけでまったく違う雰囲気を生み出すモデル リカちゃんからは、おしゃれの楽しみ方を学ぶことができ、まさに女の子にとって憧れの存在ではないでしょうか。

今後のリカちゃんの姿も楽しみですね。

テレビ西日本開局60周年『誕生50周年記念リカちゃん展』2018年2月22日(木)-3月28日(水) 福岡市博物館 初代リカちゃん 2代目リカちゃん 3代目リカちゃん 4代目リカちゃん © TOMY