着物のように無駄なく衣服を作る。中川政七商店の「直線裁ちの服」

株式会社中川政七商店が会社名を冠して展開する自社ブランド「中川政七商店」が、着物のように生地を直線に裁つことで、生地の余りを最小限に抑えて作った「直線裁ちの服」シリーズを2017年7月5日に発売されます。

先人から現代へ受け継がれるもの

chokusendachi780_1

中川政七商店は、温故知新の想いを根底に“暮らしの道具”を扱うブランドとして、ものづくりへの敬意を込め作られたのが「直線裁ちの服」。反物を無駄なく使用した日本の着物のように、1枚の生地からまっすぐ裁って、現代の衣服が作られています。

chikusendachi780_2

型紙や難しい技術が無くても洋服が作れるという発想は、現代においても新鮮。同シリーズを通じて、先人たちの工夫と想いを現代につなげたいと考えているのだそう。

素材へのこだわり

chokusendachi780_3

程よい張り感のある生地を、オリジナルで作るところから始まりました。生地を織るのは、200年以上の歴史と伝統を誇る「播州織」の産地、兵庫県西脇の織物メーカー。経糸にはしっとりと滑らかな長綿糸を、緯糸には柔らかく膨らみのあるムラ糸を使用。旧式のシャトル織機でゆっくり丁寧に織ることで生地自体が空気を含み、ふっくらとした表情のある生地に仕上がります。

その生地を使用することで、身につけた瞬間、体のラインを捉えて立体的に、そして綺麗に見せてくれるのだといいます。また、生地の「耳」の部分も活かし、シンプルなデザインの中に、さりげないアクセントがプラスされています。

豊富な商品ラインナップ

coordinate1_780

こちらは「直線裁ちの羽織コート」。着物のように平らにたたむことができるのが特徴。かさばらずにバッグに収納することができるので、旅先での羽織ものとしてもおすすめです。古きアイデアから生まれたコートにも関わらず、どこかモードな雰囲気の漂う一着です。

coordinate2_780

赤の「耳」がアクセントになった「直線裁ちのスカート」。脇線がないため、ポケットをずらして好みの位置で穿くことができます。シンプルで着まわしやすいアイテムなので、靴下との色合わせなどでさりげない遊び心を。

上記以外にも、シャツやパンツをはじめ、チュニックワンピースなど幅広いラインナップをご用意。古きアイデアを現代に落とし込むことで、また私たちに新たな発見と気づきをもたらせてくれます。心地がよく、無駄なくエコ。まさに今の時代にフィットした「直線裁ちの服」、みなさんも試してみてはいかがでしょう。