パパママクリエイターが安心して働ける環境へ。働きやすいデザイン事務所をささえるバックオフィス

ブランコは子育てをするパパママクリエイターが、働きやすい環境を整えています。
育児をしながら仕事との両立は難しい、子どもとの時間をしっかりととりたいなどと、子どもがいるパパやママは、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。
実際に働くママである私も、入社前までは同じような不安をかかえており、入社後は、バックオフィスの立場として、自分自身が働きやすい環境をつくりあげてきました。育児と両立しながら、どのように働き、どのように環境をつくりあげてきたのか、ほんの一部ですがご紹介いたします。

 

自己紹介

まずはじめに、私の自己紹介をさせていただきます。福岡在住で3人の娘の母。子育てに奮闘しながら、バックオフィスの仕事を両立。ブランコに入る前は、携帯ショップの販売員をしており、バックオフィスとは無縁の接客業を行っていました。ブランコに勤めはじめて5年が経とうとしています。

 

バックオフィスの一日

さきほどご紹介したように、3人の娘の母をしているため、子どもの通学にあわせて、ほかの方より1時間早めに勤務をしています。そんな私の、とある一日の流れについてご紹介いたします。

5:45 起床

働くママの朝は早く、これから3人の娘と戦うための下準備を行います。お弁当の準備から始まり、子どもたちが起床するまでに、自分の支度を行います。

6:45 子どもたち起床

これから学校に行くまでが戦場です。子どもたちの朝ごはんの準備や、3人娘のヘアセット、下の子に関しては、甘えん坊でママから離れられず、なんでもママと甘えてくるため、自分のことができません。

7:50 通勤

子どもたちと一緒に家を出ます。途中まで一緒に歩いて行くので、この15分が、意外と子どもたちとコミュニケーションをとる大切な時間です。その後、駅へ向かい、電車に乗って通勤します。

 

8:45 事務所出社

空気の入れ替え、台ふき、ゴミ集めなど外的環境を整備します。

9:15 業務開始

みなさんの前日の稼働時間が超過しすぎていないか、勤怠管理を行います。みなさんの体が第一なので、超過しすぎている場合は、しっかりと指摘します。

10:00 他社員出社

今はリモートワークがメインのため、全員出社は2週間に1度ですがみなさんが出社する際、良いスタートが切れるよう、明るく元気にあいさつをするよう心がけています。

10:30 全体朝会

毎日ローテーションに司会者を決め、アイスブレイクからはじめます。もちろんバックオフィスも司会を担当します。(普段は表に立たないため、緊張します…)

10:45 書類整理

郵便物の内容を確認し、整理します。契約書や各役所からの申請依頼、報告書類が届くので、データ保存や原本整理を行います。

11:30 求人対応

求人にご応募いただいている方や、人材紹介会社さんよりご紹介いただいた方の書類選考や面接の日程調整を行います。

13:00 お昼休憩

お楽しみのランチタイム。業務の状況によってランチ方法はさまざまですが、基本的にはみんなで和気あいあいと、外食や近所のお店で購入し事務所ランチを楽しんでいます。

14:00 面接対応

求人にご応募いただいた方の一次面接を対応します。ご応募いただく方の中には、子育てをしながら頑張っているクリエイターもいます。私も育児と両立して働いているので、少しでもブランコで働くイメージがつくように、私の働き方も含めお話しています。

16:00 労務申請

休暇中の方の各手当申請書を準備します。育児休暇や長期休暇を取られている方と連絡を取り、定期的に育児の話や体調確認を行ったり、また会社の状況をお伝えし、安心して職場復帰いただけるよう努めています。

18:00 事務所退社

みなさんより1時間早めに退勤します。

 

19:00 帰宅

夕飯の支度や片付け、洗濯物、家事をスムーズにこなします。(とても雑ですが、仕事以上にテキパキできているかもしれません。。)

22:00 自分時間

子どもを寝かしつけ、ようやく自分の時間です。至福のひととき。本を読んだり、ドラマを見たり、ネットサーフィンをしたり、時には疲れて子どもと一緒に寝たり…

23:00 就寝

好きなアロマをたいて寝ます。

 

と、このような感じで一日を過ごしています。

 

ブランコのバックオフィスとして大切にしていること

ブランコのバックオフィスの一番の仕事は、クリエイターのみなさんが安心して働ける環境を作ること。といっても、仕事の内容は幅広く、働く環境を整えることはもちろんのこと、みなさんのメンタル面などにも気を遣っています。

ブランコは裁量労働勤務の方がほとんどのため、時間ではなく、その方の裁量にゆだねています。そのため、みなさんが無理をしすぎてしまい、体調を崩さないよう、稼働時間がみなし労働時間より超過しすぎていないかを、毎朝確認しています。
また、3ヶ月に1度、みなさんに健康管理フォームに回答いただき、回答内容が気になる方には、症状を確認後、仕事の量や稼働時間を調整いただくようお願いしたり、ときには病院に行くよう促すようにしています。日々、みなさんの状態を知るために、合間を見て声をかけるように心がけています。

 

働きやすいデザイン事務所にするために

入社直後は何をどうしていいのか、手探りでバックオフィスを行っていましたが、今では日本一働きやすいデザイン事務所を作るという目標をたて、それに向かって日々行動しています。

ブランコは子どもを育てるパパママの割合が高く、家族との時間を大切にしてもらいたいという代表者の考えのもと、土日祝日の出社はさせていません。

平日も子どもや家族の体調不良で看病が必要な場合は、気軽に稼働時間を調整できたり、契約形態によっては、時間休を取ってもらうようにしています。子どもが理由で、みなさんに迷惑をかけてしまってると申し訳なさを感じる気持ちは、育児と両立している私がすごく理解できるところでもあります。
そのような気持ちをみなさんが持たずに仕事に専念できるよう、連絡があった際は、すぐに返答や相談にのるようにしています。

ほかにも、忙しいパパママクリエイターが、短い時間で少しでもデザインに対するインプットできるように、flier(フライヤー)という書籍の要約ツールを導入しています。家事をしながら、耳で聴くことができ、効率的にインプットができると言う声や、本への興味や学習意欲が高まったとの声もあり、日本一働きやすいデザイン事務所という目標へ、一歩ずつですが、近づいているように感じています。

 

*

 

この記事を読んで、少しでもデザイン事務所のバックオフィスのお仕事を理解していただき、このような環境で働きたいと感じていただけると嬉しいです。
弊社ではデザイナーやディレクター、エンジニアを随時募集しております。向上心が豊かで私たちの仲間になってくれる方のご応募心待ちにしております。