茶匠が選ぶ九州のお茶を、職人が作るワイングラスで味わう。お茶×ワイングラスの新しい体験

日本茶販売店として、1947年に福岡県朝倉市に誕生した製茶所山科。店舗でお茶を楽しむことができる山科茶舗本店では、明治34年の創業以来自社デザインのグラスを送り出し続ける「木村硝子店」とコラボレーションし、グラスと日本茶のペアリングで“お茶を楽しむ”新しい体験を提供しています。

製茶所山科とは?

日本茶販売店として、1947年に「山科茶舗」として福岡県朝倉市に誕生した製茶所山科。茶葉の選定から焙煎までオリジナルで行う老舗製茶所です。

日本茶インストラクターや日本茶鑑定士としても活躍する代表の山科康也さんは、お茶のプロフェッショナル。九州中を巡り、味や香りはもちろん、時期や産地、生産者にもこだわって選びぬいたお茶だけを届けています。さらに、厳選された九州の希少な茶葉たちの魅力を最大に引き出せるよう、それぞれの茶葉に適した方法で製茶されます。

“お茶を楽しむ”という体験

山科茶舗本店では、グラスと日本茶のペアリングで香りや味わいをより深く感じるという、ほかにはないスペシャルな体験をすることができます。「めぐり会う。にほんのいいもの、いい暮らし。」をコンセプトに、日本の食器や生活雑貨を揃えるセレクトショップ・CARFT STOREのスタッフが「より多くの方に日本茶の魅力を伝えたい!」と、東京の老舗硝子メーカー・木村硝子店のワイングラスと製茶所山科の日本茶を組み合わせた、特別なセットを企画しました。

創業100年以上の老舗・木村硝子店

明治34年の創業以来自社デザインのグラスを送り出し続ける「木村硝子店」。その特徴は、ガラス職人や工場と連携し「工場を持たないメーカー」というスタイルを貫いていること。“開発”に専念することで、時の流れを自在に汲み取り、時にはデザイナーや料理家とのコラボレーションなど、実用性を担保しつつ、硝子の限界に挑戦するようなものづくりをしています。

老舗同士のコラボレーション

そして、夢のようなコラボレーションがようやく形になろうとしています。『CRAFT STORE×製茶所山科 日本茶コース』は、全5種類。朝倉市に店を構える、山科茶舗本店でいただくことができます。

【ピッコロ6ozフルート & 山の朝露】
爽やかな香りと甘みが特徴の鹿児島県のブランド茶「知覧 山の朝露」には、木村硝子店でシャンパングラスとして人気のグラス「ピッコロ6ozフルート」が組み合わせられました。繊細な口元とグラスの底にむけて緩やかに膨らんだシルエットは、「知覧 山の朝露」の爽やかな香りを楽しむのに最適です。

【ギャルソン 3ozグラッパ & 八女玉露】
日本茶の中でも最上級の品種として名高い“八女玉露”は、茶匠が「まるで玉露のためにあるようだ」と語る「ギャルソン 3ozグラッパ」でいただきます。細く伸びる口部分が、玉露のやわらかな香りをスッと口に運び、お茶の甘みと旨みのまろやかさを堪能することができます。

【ギャルソン 24ozブルゴーニュ & 屋久島紅茶】
鹿児島県屋久島でつくられた「屋久島紅茶」は、ぷっくりした丸みの美しい「ギャルソン 24ozブルゴーニュ」と。日本の職人がつくるハンドメイドのワイングラスは、丸みと低めの重心が個性的なグラスです。

ご紹介した以外にも、こだわりが詰まったコースが多数登場。また、「製茶所山科」の日本茶とグラスのセットはCRAFT STOREでも購入が可能なのでぜひチェックしてみてくださいね。