MARUZEN福岡店で開催中!レイモン・サヴィニャック版画展

「大衆はポスターにしげしげと眺め入ったりはしない。一瞥するだけだ。通りを行く人は、ほんの一瞬のうちにポスターの言わんとするところを、見てとれなくてはならない。」

そんな名言を残したのはフランスのポスター画家レイモン・サヴィニャック。

その言葉通り、彼の作品は単純明快なデザインと目を引くポップな色使い、そして独特のユーモアに溢れています。

team_lens

team_lens

サヴィニャックは2002年に94歳でこの世を去るまで、生涯現役のポスター作家として様々な企業のポスターを手掛けました。彼を一躍有名にしたのは41歳の時に手がけたこの”MONSAVON/牛乳石鹸”のポスター。

「僕は41歳のときにモンサヴォンの牛のおっぱいから生まれたんだ」とよく語っていたんだとか。

エアー・フランスやミシュランなどの大手メーカーや映画のポスターなど数多くの作品を手掛け、戦後のフランスを代表するポスター作家の地位を確立しました。うさぎのミッフィーで有名なデザイナーのディック・ブルーナも彼に影響を受けたそう。

日本でも森永チョコレート、サントリー、豊島園などのポスターを手掛けています。

そんなサヴィニャックの版画展がMARUZEN福岡店で開催中。彼の代表作を復刻した版画やオリジナルポスター、絵はがきの販売もあります。

iemo

iemo

サビニャックが晩年を過ごした北フランスのリゾート地、トゥルーヴィル・シュル・メール市内では、サヴィニャックのポスターが街角のあちこちで壁画となっていて、これら約12の場所を廻る「サヴィニャックの足跡めぐり」が散歩コースになっているそうです。

いつか行ってみたい!

MARUZEN 福岡店
10:00 – 21:00
レイモン・サヴィニャック版画展
1/30(金)- 2/5(木)※最終日は16:00まで