福岡市内開催!デザイン関連展示まとめ

すっかり空気が冷たく、秋を感じる気候になってきました。

この頃は晴れる日も多く、あちこちでさまざまなイベントが開催されているので、お出かけの楽しい季節ですね。

“芸術の秋”ということで、福岡市内で開催されるデザインに関連したおすすめ展示をご紹介いたします。

■ワビサビ展「ヘイ、ワビサビッチ!」

引用元:福岡デザイン専門学校 公式サイト

引用元:福岡デザイン専門学校 公式サイト

日程:10/29日(木)-11/11(水)
場所:福岡デザイン専門学校(FDS Gallery)
内容:工藤“ワビ”良平さんと中西“サビ”一志さんによる、北海道を拠点に世界で活躍するアートディレクターユニット「ワビサビ」。

盆栽や書道など、日本を感じるモチーフや手法を用いて、グラフィカルで力強い作品を多数発表しているワビサビの、福岡でははじめてとなる展覧会です。

■ワンクmeets博多人形展~111匹のワンク展 with GROOVISIONS~

引用元:D&DEPARTMENT FUKUOKA 公式サイト

引用元:D&DEPARTMENT FUKUOKA 公式サイト

日程:10/29(木)-11/17(火)※水曜定休
場所:D&DEPARTMENT FUKUOKA
内容:東京のデザインスタジオ「GROOVISIONS」が手掛ける、西日本シティ銀行のイメージキャラクター「ワンク」が、有名クリエイターや銀行員など、博多を愛するみんなの手により博多人形に変身!

110匹の博多人形になったワンクと、プロジェクションマッピングを用いて絵付けされた1匹のワンクをみることが出来ます。

銀行が主催している展示というのも、面白いポイントです。

■「RAIN IS POPCORN」A TWO PIPE PROBLEM LETTERPRESS EXHIBITION

引用元:TAGSTÅ GALLERY 公式サイト

引用元:TAGSTÅ GALLERY 公式サイト

日程:11/1(日)-11/25(水)
場所:TAGSTÅ GALLERY
内容:ロンドンに拠点を置く、Stephen Kennyさんが主催するレタープレススタジオ「A TWO PIPE PROBLEM LETTERPRESS」の2年ぶりの日本巡回展。

ヴィンテージのウッドタイプ(木版)と活版印刷機を使用し、絶妙な配置や技法と言葉選びで、モノトーンながら観る側がシーンや物語を連想できるような不思議な作品をつくっています。

■JAGDA新人賞展2015

引用元:JAGDA 公式サイト

引用元:JAGDA 公式サイト

日程:11/2(月)-11/15(日)
場所:日本デザイナー学院 九州
内容:JAGDA(公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会)により選ばれた、今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナーに授与されるJAGDA新人賞受賞者の作品展。
11/7(土)14時からは新人賞受賞の3名のトークショーも行われます。

■第61回ニューヨークタイプディレクターズクラブ展 九州展2015

引用元:PAPER INN 公式サイト

引用元:PAPER INN 公式サイト

日程:11/9〜11/19 ※土日祝休み
場所:PAPER INN
内容:ニューヨークタイプディレクターズクラブにより選出された、世界各国からの優秀作品が一堂に会する貴重な機会です。数は少ないながらも厳選された作品を見ることができます。土日祝はお休みなのでご注意下さい。

 

会期があまり長くないものばかりなので、気になる展示の開催日程はあらかじめご確認下さいね。

秋の心地よい空気を感じながら、ぜひ巡ってみてください。