「HAY Mini Market」がついに福岡で開催!

以前コチラの記事でご紹介した、デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY」がついに福岡にやって来ました!

岩田屋本店 新館6Fにて、3月16日(水)~29日(火)の期間「HAY Mini Market」が開催中です。

デザインの“スーパーマーケット”

HAY Mini Marketは、HAYの雑貨を中心に取り扱うポップアップショップ。

“デザインのスーパーマーケット”をコンセプトに、お客さんが買い物を楽しめるような工夫が随所になされています。

space

例えば、在庫とディスプレイを同時に並べることができる倉庫を彷彿とさせる棚や、商品を入れるパッケージにもデザインを施し、お買上げ商品を入れる用に毎回2種類のテキスタイルで布製のショッパーが用意されています。

お買い物をする段階から持ち帰るところまで、HAYらしさをトータルで演出しています。

注目アイテムは有田焼

注目は、有田焼でつくられた「Paper Porcelain」シリーズ。

紙でモデリングしたものをそのまま陶器で再現したデザインのPaper Porcelainは、強度は十分ながら驚きの薄さで、紙の折り目のようなラインや、紙を止めたテープのような模様は1点1点手作業で加工されています。

prcelin_up

日本の伝統の技術力と、ヨーロッパのデザインが融合したアイテムです。

kaleido780

その他にも、1番人気は綺麗な色味と形が特徴的なトレイの「Kaleido」シリーズや、その持ち運びやすさから「Don’t Leave Me(おいていかないで)」を略した名前が付けられたサイドテーブル「DLM」もオススメです。

DLM

HAY Mini Marketは雑貨が中心なため、DLMは今回唯一販売される家具です。名前の意味を知ると一気に親しみが増してしまいますね。

デザインは“日常を楽しくするためのもの”

bathroom

HAYのスタッフの方に、HAYの魅力についてお話を伺いました。

「HAYのブランドの魅力は編集力だと思います。

各地のデザイナー、生産地から構成される幅広いアイテム群をHAYのスタイルでまとめあげ、魅力のある売り場をつくり上げています。

また、デザインに興味のある若い世代の方が自分で商品を購入できるよう、他のヨーロッパブランドに比べ価格を抑え気味に設定しています。

日常を楽しくしてくれるデザインを皆さんに気軽に取り入れていただけるよう、デザインに対する障壁をなるべくなくしていけたらと考えています。」

Pinorama780

今回のHAY Mini Marketでは、HAYが展開するほぼすべての小物が勢揃いし、多彩なカラー展開も含めるとアイテム数は全部で400種類にものぼります。

福岡でHAYのアイテムが一挙に揃うのは貴重な機会なので、気になる方はこの期間をお見逃しなく!