日本の町工場の技術がつまった、機能美溢れるFactioneryのプロダクト

町工場の技術が表舞台に

日本の町工場の持つ「技から生まれる美しさを」大切にしたプロダクトブランド『Factionery(ファクショナリー)』。現在、そのコンセプトに賛同した町工場、デザイナー、Webクリエイターなど様々な分野のプロフェッショナルが参加し、互いに手を取り合いながら5種類のプロダクトを制作・販売しています。

精密バネの加工技術が凝縮したクリップ

文房具の定番として、様々なシーンで欠かせないクリップ。クリップといえば、針金などを楕円形にしたものがパッと頭に浮かぶと思いますが、まとめた書類をめくる際に、どうしても折り跡がついてしまうという課題がありました。しかし、クリップが日常に馴染みすぎており、折り跡自体を課題だと感じていた人はそう多くはないはず。見逃しがちだった課題に着目して開発されたのが、書類をきれいにめくることができる機能を持った「CLIP」です。2018年に開催された、第27回日本文具大賞では優秀賞を受賞し、Factioneryの名を全国に轟かせるきっかけとなった製品です。

CLIPひとつにつき書類を1枚挟むことができ、枚数に合わせてクリップ同士を連結して使用します。CLIPが回転する仕組みになっているので、書類をめくる際にも折れ跡がつくことはありません。美しい見た目はもちろんこのスマートな仕組みは、もはや文房具の粋を超えて芸術品のよう。

こちらもCLIP同様、精密バネ加工の技術が生み出した文房具、その名も「CARD STAND」です。シンプルなデザインに加え、指先サイズのコンパクトさが、究極の機能美を物語っています。

最大の特徴は、カードスタンドをひねることによってカードの角度が変えられること。置く場所の高さによって見やすい角度に調整することができるので、日常生活はもちろん、お店のディスプレイなどでも活躍してくれそうですね。

見た目もスタイリッシュな定規

そして最後にもうひとつご紹介します。こちらは、寸法の誤差が1000分の1ミリという高い精密度を誇る「JOHGI」です。なんとこの数字は、航空部品やレーシングパーツに求められる精度。誤差がないのは当たり前ではないのか?と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ここまで正確に目盛りを均一に入れるのには、高度な加工技術を要します。

しかも、印刷ではなく金属を削り出して目盛りをつけているため、絶対に消えることはありません。そして、注目すべきは目盛りの角度。敢えて数字を斜めにすることによって、定規を縦に使っても、横に使っても、目盛りが見やすくなっているのです。オリジナルロゴへの変更も可能なので、プレゼントとしてもよろこばれそうですね。

 
どれも、職人の技がギュッと凝縮した製品ばかり。まさに「日本のものづくり」の技術を体現した文房具です。日常生活でよく使うものだからこそ、こだわりの逸品を使ってみてはいかがでしょうか?