リクルートサイトに必要なコンテンツとは?差別化のポイントも紹介!

リクルートサイトは、求職者に対して求人募集を行うための専用のサイトです。スマートフォンをはじめとした通信デバイスが世代問わずに普及しているなかで、現代はリクルートサイトを通じて求職活動を行う人が非常に増えています。

求職者にとっては、リクルートサイトに掲載されている情報が大きな判断材料となります。そのため、求人広告だけでは伝えきれない情報を伝え、いかに自社の魅力を訴求できるかがリクルートサイトに求められる要素といえます。

この記事ではリクルートサイトに必要なコンテンツや、競合他社と差別化させるために必要なポイントなどを徹底的に解説します。

 

リクルートサイトに必要なコンテンツとは

競合他社との差別化を図るべく、リクルートサイトにあえて目新しいコンテンツを含める場合もあるかもしれません。しかし前述のとおり、リクルートサイトは、あくまでも求職者が応募するか否かを判断するために必要な情報を探しにくるサイトです。そのため、以下でご紹介する「募集要項・選考ステップ」「社内環境・福利厚生制度」「会社情報」については、最低限網羅することをおすすめします。

募集要項・選考ステップ

募集要項は、求職者が応募するうえで必ず目を通すコンテンツで、募集している職種は何か、応募にあたってはどのような条件が課されているのかを明確に理解することが目的です。企業にとっては求める人材を明確に示し、自社にマッチしない人はエントリーしないようにふるいにかけることができます。

また選考ステップは、応募してから内定するまでの、書類審査や面接の流れを理解してもらうためのコンテンツです。求職者のなかには、複数の企業を応募先として同時並行で就職活動を行う人もいます。また、就職活動において、どのくらいのスピード感で内定までたどり着くのかを重視する人もいるでしょう。そんな場合に選考に要する時間やスケジュールがわかれば、求職者が就職活動全般のスケジュールを組みやすくなります。

社内環境・福利厚生制度

社内環境や福利厚生も、募集要項や選考ステップに並んで欠かせないコンテンツです。
まず社内環境としては、実際に働いている環境や社員の様子を紹介します。その際、文字だけでなく写真や動画を活用すれば、よりリアルな雰囲気を伝えやすいでしょう。どのような人がいるのか、どのような姿で仕事をしているのか、また既存社員はなぜこの会社を選んだのかなどを伝えることができれば、企業にとってのアピールとなるだけでなく、求職者は自分の将来像を想像しやすくなります。

また福利厚生制度としては、休暇制度や研修制度、社会保険などが挙げられます。入社後にどのようなQOLを確保できるか具体的にイメージできるような情報を発信することで、将来的な認識のずれが少なくなります。

会社紹介

会社紹介は、会社が展開している事業活動の内容や、標榜しているミッション・ビジョン、事業活動を展開するうえでの行動指針、会社の成り立ちと沿革、組織体制などを伝えるコンテンツです。会社の外郭を理解してもらうためには不可欠な情報といえますが、一方で形式的なコンテンツになりがちです。とはいえ、これらは会社が目指している姿の中核を現すものであり、求職者は入社後のミスマッチをなくすためにも共感できるかどうかという目で検討すべきものなので、きちんと現状に即した情報を提供する必要があります。

なお、ミッションやビジョンは抽象的な概念でもあるため、どのような状態を理想としているのかについて、写真やグラフ、イラストなどを交えて説明することでわかりやすいコンテンツとなるでしょう。

 

競合他社と差別化させるための工夫

ここまで、リクルートサイトに必要なコンテンツをご紹介してきましたが、他社との差別化を図るうえではさらに工夫を講じる必要があります。差別化にはさまざまな方法が考えられますが、ここではおすすめの工夫として、SNS、およびインフォグラフィック・動画の活用について解説します。

SNSを活用する

SNS・インフルエンサーマーケティング専門メディアのInsta Labの調査によると、2021年6月現在でSNSの利用者数は国内だけでも7,975万人となっています。この非常に大きなメディア媒体を上手に活用できれば、リクルート活動にも大いに役立つでしょう。

具体的には、自社が運用しているSNSアカウントに社内の雰囲気などを掲載し、求職者が入社後の具体的な働く姿をイメージできるようにすると良いでしょう。その際、自社の社員を巻き込んで、社員自らがSNS上で自社の魅力を発信できればよりリアリティが増します。
また、SNSは短い文章と写真を使った情報発信に向いているため、仕事の様子や開催予定のイベント、求人応募の締め切りなどを画像・写真と共に小まめにアップロードするのにも向いているでしょう。

インフォグラフィック・動画の活用

インフォグラフィックは「information」と「graphics」を掛け合わせ言葉で、情報・データ・知識などを視覚的に素早く、かつ簡単にわかるように表現したものです。
最近のリクルートサイトでは、「グラフで見る我が社の業績」「写真で見る事業内容」などといったコンテンツがよくあります。これらに限らず、従業員の男女比率や平均残業時間、社内のレクリエーション活動、アフターファイブの過ごし方など、多岐に渡る情報を視覚的に伝えられるのがインフォグラフィックです。

また、文章や写真だと画面をスクロールさせながら閲覧しなければならない箇所を動画にすることで、少ない労力でより多くの情報を簡単に把握できるようになります。動画は求職者に対する臨場感のある情報伝達手段であり、活用次第で企業のカラーを鮮明に打ち出すこともできるでしょう。

 

コンテンツ作成のポイント

ここまでリクルートサイトのコンテンツについてご紹介してきましたが、実際にコンテンツを作りこむ際にはいくつか押さえておきたいポイントがあります。ここでは主なポイントとして、ターゲティングと掲載情報の取捨選択、サイトの位置づけについて解説します。

ターゲットを明確にする

リクルートサイトを作る際は、まずどのような層をターゲットにするのかについて明確化することから始めましょう。わかりやすい例でいくと、新卒の学生が対象なのか、中途採用者が対象なのか、あるいは両者を対象にするか否かでサイトに盛り込むコンテンツは変わってきます。新卒の学生が対象の場合でも、地方の国公立大学に通う文系の学生か、都内の私立大学に通う理系の学生かによってもサイトの方向性は異なるでしょう。
企業にとっては「求めていた人材がなかなか集まってこない」、休職者にとっては「イメージしていた職場と違う」といった双方のミスマッチを防ぐためにも、求める人物像を明確にして打ち出すことがサイト制作においては重要です。

求職者の知りたい情報を掲載する

株式会社リクルートが2018年に公表した就職白書によると、求職者が求める情報は、上位から「経営方針・事業戦略」「勤務地」「具体的な仕事内容」「社風・企業文化」「初任給」と続いています。ここからわかる通り、自社が求める理想の社員像を示すことも必要ですが、現実的な面をしっかり情報発信しなければ、求職者は自分が働きたい職場かどうかを判断できません。

自社をアピールしたい想いが先行すると、どうしても自社に関して知って欲しい情報を前面に出しがちでしょう。しかしリクルートサイト制作においては、客観的な視点に立って、求職者の目線で知りたい情報を掲載することが大切です。場合によってはリクルートサイトに掲載せず、面接試験まで選考が進んだ求職者へ直接口頭で伝えた方が良い情報もあるでしょう。すべての情報を盛り込むのではなく、ニーズのある情報を厳選して載せることがポイントです。

サイトの役割を決める

リクルートサイトを公開する目的は、自社の求める人材を獲得することです。この大目標を達成するためには、サイトが果たすべき役割をしっかりと決めるステップを怠ってはなりません。方向性がしっかりと決まっていれば、さまざまな関係者が関わっても、また多くの工程を経てサイトを作りこんでいくなかでも、自ずと一貫性のあるサイトになるでしょう。

当然ながら、求職者がサイトを訪問しても応募するか否かは未知数です。求める人材をできるだけ取りこぼすことなく応募してもらうためには、サイトが興味を引くような魅力を備えていると共に、企業に関して深く理解できるような十分な情報が掲載されている必要があります。いたずらに応募者数が増えても選考にコストがかかってしまうため、求める人材をサイト上でふるいにかけられるようなコンテンツを選別できるとより良いでしょう。

 

*

 

まとめ

この記事では、リクルートサイトに必要なコンテンツについて解説しました。企業がリクルートサイトを制作する際は、求職者が求める情報ニーズに対応しつつ、自社の強みや魅力、特徴をしっかりと理解してもらえるようアピールする必要があります。
コンテンツの選別には悩ましいポイントも多いでしょう。求職者への訴求力を強めて応募者数を増やし、優秀な人材を獲得できるリクルートサイトを目指している方は、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。