ストーリーのある写真芸術

こんにちは、ナナです。私はオランダの大学の副専攻プログラムで、写真を専攻していました。

オランダの大学システムは4年間学部で勉強し、半年間副専攻を学びます。副専攻は、生徒たちの専門性を育てるには大変重要です。

ビジュアルに組み込まれたストーリー

私は子供の頃からいつも本を読み、ファンタジーの世界に魅力を感じていました。絵画、彫刻、写真、インスタレーションなどといったアートにも興味を持っていましたし、「ビジュアル」と「ストーリー」を組み合わせてみるとどうなるのか、非常に関心がありました。

私はすでに彫刻やドローイングの分野で「ビジュアルとストーリーの組み合わせ」を何度も行ってきましたが、写真の世界で表現したことは一度もありませんでした。そこで私はこの一つのアートの形を追求するために、大学の副専攻で写真を選択しました。

フォトグラファー、カースティ·ミッチェル

まず私が思い描く世界を写真に撮るために、インスピレーションを受けるようなフォトグラファーを探すことから始めました。そしてすぐに望んでいたスタイルの写真家リストがたくさん集まり、「これだ!」と思うような人を見つけました。

私が最も魅了されたのは、Kirsty Mitchell(カースティ·ミッチェル)という女性フォトグラファーです。

引用元:http://phlearn.com/

引用元:http://phlearn.com/

カースティは母親を脳腫瘍で失った後、その悲しみから逃れるように、そして母親のことを決して忘れないという意味も込めて「ワンダーランドシリーズ」を作りました。そのプロジェクトはもう5年間も続いています。

また彼女は母親のことを、まるで親友のような存在だったと語っていました。それは私自身の母親との関係に通じるものがあり、非常に共感しました。

人生を捧げたアートプロジェクト

引用元:http://phlearn.com/

引用元:http://phlearn.com/

カースティはファッションデザイナーとして華々しい実績を持っていましたが、母親の死という人生の岐路に立たされて、11年間のその実績を手放し、ワンダーランドプロジェクトに集中することに決めたのです。

撮影のための場所を彼女自身の手で探し、衣装やセットなども全て彼女がデザインしました。時には一つの撮影に1〜2年間を費やすこともあったそうです。

新たなストーリーの白雪姫

私は元々風景写真を撮ることが大好きでしたが、携帯で撮っていると当然すぐにメモリーがいっぱいになってしまいますよね。そんななかで友人にカメラを買うことを勧められたことが、私が本格的に写真を始めたきっかけでした。

最初に選んだ写真のテーマは「白雪姫」でしたが、設定したストーリーは「邪悪な心を潜めた白雪姫」です。

01_FB780

モデルやスタイリスト、メイクアップアーティストを探すために、色んな人に大量のメッセージを送りこのストーリーに賛同してくれるメンバーを集めました。

04_FB780

モデル選びにはいくつかの基準がありましたが、最終的に私が選んだモデルはそれにぴったりと合っていました。そして私は自分のリビングルームでセットを手作りし、丸1日かけて撮影をしました。

1460251_594183063962864_135924544_n

私の白雪姫のストーリーには、元のお話と違う面白おかしい点がいくつかあります。

・白雪姫は支配的な人物で、短剣で全てをコントロールしている
・白雪姫は小人とはそれほど仲良くない
・白雪姫が毒リンゴを与える側である
・白雪姫は毒リンゴではなく、お酒の飲み過ぎで眠りに落ちる
(ボトルが彼女の枕元にある)
09_FB780

写真の面白さを追求

05_FB780

写真のスキルを磨いたり、コンセプトを立てたり、小道具を作ったり、関わる人をまとめたり、私はまだまだ長い道のりの途中です。しかしビジュアルに様々なストーリーとアイデアを組み込み、新たな表現を模索していくことは時間を忘れるほど楽しいです。

そしていつかカースティ·ミッチェルのように、私も人生を捧げられるようなファインアートプロジェクトに出会いたいと思っています。

原文はコチラ

日本語版翻訳:舘 紗也子