230年の歴史と今風のデザインが面白い“津屋崎人形”

素朴な素焼きで作られる土人形「津屋崎人形」は、福岡県福津市津屋崎地区で製作されている福岡県特産民芸品です。江戸時代より続く伝統と、津屋崎人形の魅力をご紹介します。

カタチと使いかた

良質な陶土が得られる地として、津屋崎町在自で発展を遂げてきた津屋崎人形。(陶土が採取されなくなった今では、福岡市城南区七隈より粘土の発注を行なっているそうです。)

始まりは江戸時代中期の安永年間(1772年-1781年)と言われています。郷土玩具としてご存知の方が多いと思いますが、元々は生活土器として誕生しました。

代表的なカタチに、先を見通す能力を持つ生き物“ふくろう(津屋崎ではモマ)”の姿をした土笛「モマ笛」があります。

笛=玩具のような印象がありますが、モマ笛は年配の方や小さな子供が食べもので喉を詰まらせないよう、食事の前に気道を広げるために使用されてきました。

赤ちゃんのおしゃぶり人形として明治時代に誕生した「ごん太」。

アクセサリーとして縁起を身に纏う「津屋崎ピンズ」は、

博多人形の始祖“古博多人形”に影響を受けているのだそう。

手作業でコツコツと

津屋崎人形のカタチは、土もしくは、石膏でできた正面と背面の2枚型に、手押し製法で粘土を押し込み、組み合わせ作られます。(たい焼きや、人形カステラのようなイメージですね)

型から抜くと、とても繊細な技術で型の継ぎ目を自然に見えるよう整えていきます。人形の耳に継ぎ目がかかるものは、パーツを後付けし成形するのだそう。

明治時代から100年以上使われている“空吹き窯(からぶきがま)”の焼成部に人形を入れ、その下部の燃焼部で燃料を燃やし、800〜900℃の高温で7〜8時間素焼きをします。

焼きあがった人形の底を塞ぐ際に少しの傾斜がつくことで、人形に微妙な傾きが出るのもファンには面白く、興味深い部分だそうです。

雛形はありますが、継ぎ目取りや絵付けを1つ1つ手作業で行うため、人形の表情が違って見えるのも津屋崎人形ならでは。

お求めの際は、直接1体1体の表情を見てご購入いただき、「頬の赤みがこっちの人形の方が元気な感じ」「この人形はよく目があう」など、選び方は様々だそうです。

粘土の採取先が変わったように、塗料も部分によりアクリル絵の具を用いるなど、時代に合わせより良い素材をめぐるのも津屋崎人形のこだわりの1つです。

津屋崎祇園山笠

津屋崎祇園山笠のクライマックス「追い山」が、7月22日(7月19日に一番近い日曜日)に行われます。