生物やモノのあれこれを“スケる化”して知る『スケスケ展』

2018年7月14日(土)~9月24日(月・祝)

好奇心+スケる化

福岡市中央区六本松に昨年10月オープンした福岡市科学館にて、7月14日(土)より開催の「スケスケ展 ―スケると見える仕組みの世界―」。

この展覧会を手がけるのは、東京五輪の誘致映像や、●で知られる、映像クリエイターが集まるクリエイティブ・スタジオ KOO-KIです。

「見えない部分を見てみたい」「わからないことを知りたい」子供の頃からの好奇心から始まり、“スケる(透ける)”を通じて、最新のデジタル技術や骨格標本を用い、あらゆる角度からのアプローチで、外と中の意外な関係性・予想外の発見を楽しめる場が誕生しました。

スケることで見える世界

「知らないことを知るって楽しい!」子供から大人まで“まだまだ知らないこと”への興味をくすぐられる本展。

場内は、にんげんスケスケ・どうぶつスケスケ・アクアスケスケ・くらしスケスケ・いろいろスケスケ・スケスケスケッチ、6つのコーナーに分けられています。

中でも、近づくと自分の体内の骨や血管、筋肉が映し出される最新技術を使ったスクリーンに注目です。

こだわりの広告

スケスケ展公式サイトやチラシ広告で印象的な、「マゼンタとシアン」2色のカラー。3Dで浮き上がってきそうな配色にとても興味をそそられます。

チラシ広告には透ける紙が用いられ、表には動物の普段の姿、裏には“スケる化”で見える骨格がデザインされ、チラシを透かすと、一度にどちらも見ることができるという仕組みで、さらに展覧会への興味をそそられます。

公式テーマソングには、4人組ロックバンド KANA-BOONの「彷徨う日々とファンファーレ」が起用され、疾走感・ユニークなノリ溢れる世界観とともにスケスケ展を楽しめそうです。