落書きもアート!『Red Bull DOODLE ART』でアートへの翼をさずける

エナジードリンクの製造、171カ国への販売を行うRed Bull
Red Bullが主催の『Red Bull DOODLE ART』をあなたは知っていますか?

世界共通

「翼をさずける」でおなじみのRed BullのカートゥーンCM。世界共通のCMでイラストを手がけているのが、日本のイラストレーター 古川 タクさんだということをご存知でしょうか?

柔らかいイラストの線と色、表情が独特な世界観を放つ印象的な映像ですね。

Red BullのカートゥーンCMを見ることができる公式サイトでは、古川さんの描くイラストがRed Bullの世界観をつくりだしていてとても可愛らしいですよ。

ドゥードゥルアート

そんなRed Bullは、イラストの世界共通の奥深さ、面白さに着目し、

英語で『落書き』を意味するDoodleから産まれた美術用語“ドゥードゥルアート”。

街で見かけるペンキやスプレーで描かれた落書き。他人の所有物に描くことはいけないことですが、世界では1つの芸術として落書きアートのジャンルが確立しています。

Red Bullにより主催の、世界中の学生たちが自身のラクガキアートを応募する、世界規模のラクガキアートコンテスト『Red Bull DOODLE ART』が開催されるほど。

「スタイル」と「クリエイティビティ」という2軸によって審査されるこのコンテストには、日本から3,319点以上、世界からはおよそ●点という数の作品が集まります。

各国ファイナリスト10名まで絞られ、うち代表者を決定します。

表現の違いがとても面白く、様々な刺激を受けるコンテストだと思いました。

昨年の