インテリアにスッと馴染む。天気を感じるIoTサイネージ「QM weather.」

生活の中において、天気予報のチェックは欠かせないもの。洋服選びの参考にしたり、洗濯や出かけるタイミングを計ったり、傘を持つかどうかを判断したり…天気は私たちの生活と密接に関係しています。ただ、それでなくても慌ただしい朝、テレビから聞こえる天気予報に耳を澄ませたり、スマホのアプリで確認したりというひと手間をないがしろにしてしまいがち。そんな日々の天気予報をより心地よく快適にお知らせしてくれるのが「QM weather.(クムウェザー)」です。

直感的な分かりやすさ

開発したのは、株式会社QUANTUM、そしてデザインIoT家電の「KAMARQ」を手がけるカマルクホールディングス、artless Inc.の3社。2017年7月より販売がスタートしました。

QM weather.はインターネット上の天気予報の情報によって、その姿を変化させるIoTサイネージです。現在の天気をアイコンの“点灯”で、設定した時間帯の天気をアイコンの“点滅”で、予報気温を“光の色”で表します。専用のスマートフォンアプリから、季節や地域、個人の体感温度の違い、起床時間などに合わせて好みのパーソナライズ設定を行うことができるので、まるで“自分専用のお天気お姉さん”のような感覚。

生活に寄り添うデザイン

デザインは、4組のデザイナー(QM、artless、京源、Digital Habits)とコラボレーション。家紋をコンセプトにしたものから近未来的なものまで、それぞれのデザイナーの解釈による、個性的な天気アイコンのデザインになっています。また、そのデザイン性の高さから、自宅やオフィスはもちろん、ホテル、飲食店やアパレル店舗といったスペースにもスッと馴染み、インテリアアイテムとして楽しむことができます。

毎日を快適に過ごすために必要な天気予報の情報。その繰り返しチェックする情報を、より直感的に、そして心地良く感じることのできるQM weather.。法人向けの対応も行ってくれるそうなので、自宅はもちろんのこと、社内にひとついかがでしょうか。

QM weather.
http://qmweather.jp/

公式通販サイト
https://kamarq.jp/products/qmweather.html
13,000円(税別)