福岡大名の箱貸しハンドメイド雑貨屋「ハコノス」

作家目線から作る新たなアートの融合空間「ハコノス」が、2017年10月5日(木)に福岡 大名にオープンします。ハンドメイド作家さん必見です。

アートの融合空間が福岡 大名に

ハコノスは、手作りのアクセサリーや雑貨、イラスト、音楽を「1つの箱」から始めることのできる空間です。

ハンドメイドブランド「理科室と実験的作品」によりプロデュースされました。

「人と同じものはイヤだ」「ファッション、持ち物、ライフスタイル等細部にまでこだわりたい」という個性的な大名の若者にこそ、ハンドメイド作品はマッチすると感じ、大名にオープンすることが決まりました。

 
オーナー ●さん自身「若いころから慣れ親しんでいる大名でチャレンジしたい」という思いもあったのだそう。

きっかけ→福岡の中心地にレンタルボックスが存在しないということが分かり、それなら自分たちでお店自体を作っちゃおう!というのが元々の始まりです。

780_2 (1)

●さんはアクセサリー作家のマネジメントをしてきた中で、アーティストの感性がつまった「アート=ハンドメイド作品」に、魅了されてきました。

自分自身がずっと音楽に関わる仕事をしてきたこともあり、単なる「雑貨店」では無く、音楽も取り扱う「アートの融合空間」をコンセプトにしたハコノス。

真っ白な空間

「アーティストの表現場(箱)」がたくさん集まる場所という意味合いで箱の巣と名付けられた“ハコノス”。

780hkns

店内は白い壁に、板を組み合わせて作られた白い棚という白一色の空間が印象的です。箱の中にはどんな作家さんの商品が置かれるのでしょうか。

箱のサイズや高さにより価格は異なりますが、月額2,500〜8,000円でスペースを借りることができます。

780_1

10月5日オープンということで、作家さんの世界がぎゅっと詰まった箱がたくさん並んだ姿を早く見たいですね。

興味のある方はこちらをご覧ください。

新たな領域と挑戦

手作りのアクセサリーを中心に、雑貨、イラスト、音楽と様々なアーティストの作品が集まるハコノス。

「アーティストの方にとっては、“1つの箱”から自分を表現できる場所、お客さまにとっては、新しいアーティストや作品と出会える場所でありたい。」とオーナーの●さんは言います。

想い→メジャーメーカーの制作ディレクターを10年経験しましたが、今年独立する以前からプライベートスタジオの運営、レコーディングエンジニア、ドラマー活動、アートワーク制作全般、インディーズレーベル運営、アクセサリー作家マネジメント等色々な事を平行して行っているうちに、自分が関わったセッションが形になっていく事自体が音楽に関わらず楽しくなり、今回福岡に思い切ってお店を出す事にしました。
内装も自身で行い、形になっていく事が楽しかったです。
今からはお店に関わって下さる作家さん、アーティスト、スタッフ、お客さんと更に面白い形を作って行けたら最高です!
勿論今まで以上に音楽の制作も楽しみたいと思います!関東と福岡を半々で仕事をしていくので、関東、福岡の作家さん、アーティストを繋げる役になれたら嬉しいです!