家庭でも外でも食卓を彩る100%天然素材の食器「EcoSouLife」

2007年オーストラリアで誕生した100%天然素材で器やカトラリーを作るブランド「EcoSouLife(エコソウライフ)」に、柄物のラインナップが登場しています。

好みを見つける

Bamboo、Husk、Palm Leaf、Cornstarch、原料や表現の違う4つのシリーズを展開しているEcoSouLife。

竹の繊維を主成分としカラーリング豊富なBamboo、お米の籾殻を原料としナチュラルな印象のHusk、ヤシの葉をプレスした素材感満載のPalm Leaf、トウモロコシのデンプン成分を使用し大勢のイベントに適したCornstarch。

「土に還る」が特徴でいずれも100%天然素材にこだわり作られています。

原料や製作方法の違いによって土への分解期間や耐熱温度などが変わり、それぞれ素材を活かした唯一無二の表現で、使用シーンや用途を考えた見事なシリーズ展開がされていますね。

家庭への進出

無地のカラー展開が印象的なEcoSouLifeでしたが、竹の繊維を用いたBambooシリーズに柄物の食器が登場しました。

対象は平皿サイズ違い2種、深皿、コップ2種の合計5アイテム。花をモチーフにしたペイズリー柄や幾何学模様、ブラックサンド柄

着色にも赤キャベツやブドウなどの天然素材が使用されていてどこまでも100%天然素材ということに驚かされます。

シリーズによっては冷蔵・冷凍、電子レンジや食器用洗浄機の使用も可能なため、柄物ラインナップが増えたことでさらに使用シーンの幅も広がったのでは無いでしょうか?

見つめ直す

BBQやキャンプ、グランピングが人気になってきたことでアウトドアに関するアイテムも増えてきました。日常の中でも割れない丈夫な器素材としてプラスチックを使用することも多いと思います。

生き物への影響もありスターバックスがプラスチックストローを廃止するという大きなニュースもありましたね。

心から自然と共鳴し楽しむために、天然素材で環境にも優しく、安価で人にも優しいEcoSouLifeアイテムで本当の自然と触れ合って見てはいかがでしょうか?

一般的な食器のように繰り返し使用できる耐久性を備えているため、いつか手放す時が来ても100%自然に還る家庭の食卓にも。

1つのアイテムからキャンプ場のゴミ問題も意識し、マナーある楽しみ方が心がけられそうですですね。