九州のクリエイターでつながるブログ「BATON TALK」

九州の7県・多業種のクリエイターが集う唯一の団体、九州アートディレクターズクラブ(九州ADC)は、九州から新しいコミュニケーションを生み出すことを目指し活動しています。

九州ADCが不定期でトークをつなぐ「BATON TALK」は、“紹介したいクリエイター”をつないでいくバトン形式のブログです。

はじまりは代表から

第1回目のトークは、2017年4月から九州ADCの代表になった、カジワラブランディング(http://kajigra.com/)の梶原 道生さん。

一度、梶原さんのロゴデザインに関する講義を受けたことがありますが、そこでも聞けなかった梶原さんの原点が綴られています。

その後、九州ADCの前代表へとバトンが託され、若手や、●など様々な分野のクリエイターにバトンが託されています。

人物を知る

仕事やプライベートでもなかなか聞くことのできない“あれこれ”。

BATON TALKは、紹介された人物の生い立ちや、デザインに対する概念、デザインに興味を持ったきっかけなど、普段聞くこと・見ることのできない人柄に触れることができるブログです。

その人の言葉で、テンションで、文章からは“本人そのもの”を感じられます。

「この世にムダなものはない。」

私が個人的に好きなのが、かつあきデザインという事務所でアートディレクターをされている、熊本在住の佐藤 かつあきさんの言葉です。

モノづくりに必要なモノ。自分を形成しているこれまでの出会い。これから初めて目にするモノ・コト。

忘れたい、やり直したい…そう思っていたことも、佐藤さんの言葉でプラスに変えることができ、「何においてもムダなものなんてない。」と、日々を前向きなものにしようと意識するようになりました。

BATON TALKでは、自分の何かを変える言葉や言動に出会え、他人の考え方を知ることで自分の世界も広がり、たくさんの刺激を受けるに違いありません。

◼︎