新・桃山展

太宰府天満宮横の九州国立博物館にて開催中の「新・桃山展」。●や●を10月14日(土)から11月26日(日)まで、福岡で見ることができます。

鉄砲伝来から鎖国まで(1543〜1639年)の約1世紀の間に繰り広げられた、アジアやヨーロッパとの交流の歴史を紹介する本展。織田信長や豊臣秀吉など、安土桃山時代の天下人たちが愛した巨匠の傑作、華やかな美術品が登場します。

日本と海外の交流の原点。そこにはどれほどの驚きや発見があったのでしょうか。交流品や美術品から探って見ましょう。

国宝・重要文化財

重要文化財 聖フランシスコ・ザビエル像 神戸市立博物館蔵

重要文化財 聖フランシスコ・ザビエル像 神戸市立博物館蔵

重要文化財である聖フランシスコ・ザビエル像は、南蛮美術コレクター池長 孟さんにより神戸市に譲渡され、現在 神戸市立博物館に収蔵されています。

国宝 檜図屏風(左隻・右隻) 狩野永徳筆 東京国立博物館蔵 ※展示期間:11月14日~26日

国宝 檜図屏風(左隻・右隻) 狩野永徳筆 東京国立博物館蔵 ※展示期間:11月14日~26日

11月14日(火)より展示の「国宝 檜図屏風」。まっすぐ伸びる印象の檜ですが、屏風にはしなやかな枝と、広がる枝を支える幹の力強さ、迫力ある檜が描かれています。

国宝 松林図屏風(左隻・右隻) 長谷川等伯筆 東京国立博物館蔵 ※展示期間:11月14日~26日

国宝 松林図屏風(左隻・右隻) 長谷川等伯筆 東京国立博物館蔵 ※展示期間:11月14日~26日

会期中、豊臣 秀吉が造らせた“黄金の茶室”が、九州国立博物館エントランスホールに復元されています。

日本文化に新たな文化を吹き込んだ激動の100年を、2017年から見つめ直す「新・桃山展」で、