ちょっとの工夫で心のゆとりを。ナガノインテリアの食堂椅子

2017年度グッドデザイン賞を受賞した「食堂椅子DC343-1W」「食堂椅子DC315-1W」。

受賞作品とともに、ナガノインテリア工業株式会社の取り組みをご紹介します。

福岡県大川市

福岡県朝倉市甘木に本社・工場を構えるナガノインテリア。

“和”をコンセプトに、お互いに「感謝」の心を大切にし、「奉仕」の心を持って活動しながら、会社と社員、さらには社会ともちつもたれつの関係であり続けることを大切にしています。

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

2016年6月には、買う・作る・学ぶの3つをコンセプトにした“モノづくり体験型”ライフスタイルショップ「WOOD LAND」をオープンしています。

ストアはもちろん、ワークショップや工場見学の場を設け、様々な視点から家具への興味を持ってもらうための工夫がなされています。

カフェやキッズスペースも完備されているので、お子様連れでもゆっくり過ごすことができ、幅広い年齢の方に楽しんでいただけそうですね。

グッドデザイン賞

今年10月グッドデザイン賞を受賞した、ライフスタイルを考えデザインされた2つの椅子「食堂椅子DC343-1W」と「食堂椅子DC315-1W」。

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

床を這う、高さおよそ10cmのお掃除ロボットが普及したことに併せ、椅子をテーブルにかける提案をした「食堂椅子DC343-1W」。椅子とテーブルの足で掃除に手間がかかるところ、椅子をテーブルにかけてしまうことで一般的な掃除機でも、気楽に使用することができます。

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

引用元:ナガノインテリア工業株式会社 公式サイト

座り心地を追求した「食堂椅子DC315-1W」は、積み重ねるスタッキングが可能で、スペースを取らない工夫がなされています。ちょっとした工夫で、余裕のある空間が生まれ、●そうですね。

ナガノインテリアの商品や取り組み

「企業の社会的責任」=CSR(Corporate Social Responsibility)を心がけているナガノインテリア。

利益の追求だけでなく、社会へ与える影響に責任をもち、消費者や社会全体との関係を重視することで、人々から信頼され、喜ばれる会社を目指しています。

地域社会、環境への取り組みをしています。
・周辺地域が利用する電気を発電している
・家具の生産過程で出る端材等をボイラーで燃焼し、熱を木材や塗装の乾燥、暖房などに利用している
・植林を行い、二酸化炭素削減に貢献している
・地域活動の活性化を促すため、青少年育成事業活動への資金援助を行っている