ソニーストア 福岡天神で動くaiboに触れ合う

2018年1月11日(木)にソニー株式会社から発売された、犬型ロボット「aobo(アイボ)」。九州ではソニーストア 福岡天神でしか、動くアイボと触れ合うことができません。

aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発されたロボット。自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーとなることを目指しています。

戌年に生まれ変わったアイボ

1999年から2006年の間に、5代に渡るアイボが登場しました。2014年にはアイボのサポートが終了し、それから2018年に至るまでファンにとっては長く寂しい期間となりました。

とある神社で集団葬が行われるほど、多くのファンに愛されるアイボでしたが、戌年である今年、1月11日「ワンワンワンの日」についに復活しました。

日々成長

幅広い個性を持った歴代アイボに続き、今年発売のアイボも、大きな瞳や愛らしい丸みのあるフォルムなどの特徴を持っています。

瞬きをするブルーの目、喜ぶ仕草、微笑んだような表情、すべてが愛らしく

人工知能

アイボはソニーのインターネット直販サイト「ソニーストア」にて限定販売。

まずは、身近に触れ合うことができるソニーストア 福岡天神に足を運んでみてはいかがでしょうか。